HOME 国内

2022.11.12

田中希実 2週間後のクイーンズ駅伝へロード仕様も課題挙げる/The Fst in Fukuoka 2022
田中希実 2週間後のクイーンズ駅伝へロード仕様も課題挙げる/The Fst in Fukuoka 2022

◇The Fst in Fukuoka 2022(11月12日/福岡・大濠公園)

男子マラソンの大迫傑が企画し、実行委員会会長を務めたロードレース大会「The Fst in Fukuoka 2022」。東京五輪女子1500m8位の田中希実が1マイル(1.60934km)と5kmの2種目に出場した。

「初めて開催される大会で、しかも国内では珍しい1マイルということでエントリーしました。また、11月末(27日)の全日本実業団対抗女子駅伝(クイーンズ駅伝/宮城)があるので、5kmは駅伝の練習にもなると思って」と出場理由を明かした田中。大勢のギャラリーに見守られた午前10時スタートの1マイルは、今夏のオレゴン世界選手権1500m9位のジョージア・グリフィス(オーストラリア)と競り合い、4分35秒で2位だった。

1マイルのスタートから2時間45分後に始まった5kmは、テレシア・ムッソーニ(ダイソー)、ムワンギ・レベッカ(同)と並走。3km過ぎでムッシーニに引き離されたが、しっかり粘った。15分34秒で、福士加代子(ワコール)が2006年にマークしたロード5kmの日本記録15分39秒(世界ロードランニング選手権20kmの5km通過時)を16年ぶりに更新。日本記録更新者に贈られる賞金100万円を手にした。

先を見据えて「調子が整わない中」での大会。1マイルの結果次第では、5kmの欠場も視野に入れていたという。「3kmまではついて、その時の体調次第で止めてもいいと思って」出場を決意。直走路が少ない1周約1950mの周回コースに、いつも以上の疲労を感じたものの、「残り2kmを走り切るだけの力が残っていたので、(並走していた)レベッカに勝ちたいという気持ちで走りました」と話した。

だが、「5kmを完走さえできれば日本記録は出ると思っていましたが、力不足なタイム」と田中。5kmで日本記録を出したとはいえ、トラックの5000mでは14分58秒60(日本歴代4位)の自己ベストを持っているだけに、満足していない。「ラストスパートのタイミングもあまり良くなかったので、これでは駅伝では通用しないと思う走りになってしまいました」と2週間後のクイーンズ駅伝を想定して、課題も口にした。

初めて開催されたレースについて、田中は「トラックだと見る側も走る側も緊張感があってピリピリしていますが、ロードだといい意味で、勝っても負けても温かい応援があって、うれしかったです。特に今日は沿道からの応援が近かったので、その中でベスト尽くそうとがんばれました」と振り返った。

文/田端慶子

◇The Fst in Fukuoka 2022(11月12日/福岡・大濠公園) 男子マラソンの大迫傑が企画し、実行委員会会長を務めたロードレース大会「The Fst in Fukuoka 2022」。東京五輪女子1500m8位の田中希実が1マイル(1.60934km)と5kmの2種目に出場した。 「初めて開催される大会で、しかも国内では珍しい1マイルということでエントリーしました。また、11月末(27日)の全日本実業団対抗女子駅伝(クイーンズ駅伝/宮城)があるので、5kmは駅伝の練習にもなると思って」と出場理由を明かした田中。大勢のギャラリーに見守られた午前10時スタートの1マイルは、今夏のオレゴン世界選手権1500m9位のジョージア・グリフィス(オーストラリア)と競り合い、4分35秒で2位だった。 1マイルのスタートから2時間45分後に始まった5kmは、テレシア・ムッソーニ(ダイソー)、ムワンギ・レベッカ(同)と並走。3km過ぎでムッシーニに引き離されたが、しっかり粘った。15分34秒で、福士加代子(ワコール)が2006年にマークしたロード5kmの日本記録15分39秒(世界ロードランニング選手権20kmの5km通過時)を16年ぶりに更新。日本記録更新者に贈られる賞金100万円を手にした。 先を見据えて「調子が整わない中」での大会。1マイルの結果次第では、5kmの欠場も視野に入れていたという。「3kmまではついて、その時の体調次第で止めてもいいと思って」出場を決意。直走路が少ない1周約1950mの周回コースに、いつも以上の疲労を感じたものの、「残り2kmを走り切るだけの力が残っていたので、(並走していた)レベッカに勝ちたいという気持ちで走りました」と話した。 だが、「5kmを完走さえできれば日本記録は出ると思っていましたが、力不足なタイム」と田中。5kmで日本記録を出したとはいえ、トラックの5000mでは14分58秒60(日本歴代4位)の自己ベストを持っているだけに、満足していない。「ラストスパートのタイミングもあまり良くなかったので、これでは駅伝では通用しないと思う走りになってしまいました」と2週間後のクイーンズ駅伝を想定して、課題も口にした。 初めて開催されたレースについて、田中は「トラックだと見る側も走る側も緊張感があってピリピリしていますが、ロードだといい意味で、勝っても負けても温かい応援があって、うれしかったです。特に今日は沿道からの応援が近かったので、その中でベスト尽くそうとがんばれました」と振り返った。 文/田端慶子

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.06.18

5000m髙石樹がV!四国初の高校13分台に肉薄「弱いところで上げられなかった」男子マイルは四国高校新/IH四国

インターハイ四国地区大会(6月15日~17日/高知・春野総合運動公園陸上競技場)3日目 福岡インターハイを懸けた四国地区大会の3日目が行われ、3つの大会新記録が生まれるなど白熱した戦いが繰り広げられた。 男子5000mで […]

NEWS 千葉安珠スプリント4冠、200mは24秒09の自己新 帝京安積4×400mRで競り勝つ 小野大輝が円盤投46m52でV/IH東北

2024.06.18

千葉安珠スプリント4冠、200mは24秒09の自己新 帝京安積4×400mRで競り勝つ 小野大輝が円盤投46m52でV/IH東北

◇インターハイ東北地区大会(6月14~17日/福島・とうほう・みんなのスタジアム)4日目 福岡インターハイの出場権を懸けた東北地区大会の4日目(最終日)が行われ、女子短距離では千葉安珠(常盤木学園3宮城)がに輝いた。 2 […]

NEWS 伊奈総合が4×100m、4×400mの両リレーでV2! 女子100mH横山涼葉が13秒77 富田凉桜が投てき2冠/IH北関東

2024.06.18

伊奈総合が4×100m、4×400mの両リレーでV2! 女子100mH横山涼葉が13秒77 富田凉桜が投てき2冠/IH北関東

◇インターハイ北関東地区大会(6月14日~17日/東京・駒沢陸上競技場、大井陸上競技場)4日目 福岡インターハイを懸けた北関東地区大会の最終日が行われ、女子4×400mリレーは伊奈総合(埼玉)が3分46秒54で制した。2 […]

NEWS 仮屋愛優が100mHと七種競技を制す「ライバルのお陰」全国も2冠狙う 男子マイルリレーは3分11秒台決着/IH南関東

2024.06.18

仮屋愛優が100mHと七種競技を制す「ライバルのお陰」全国も2冠狙う 男子マイルリレーは3分11秒台決着/IH南関東

◇インターハイ南関東地区大会(6月14日~17日/東京・駒沢陸上競技場、大井陸上競技場)4日目 夏の福岡インターハイ出場を懸けた南関東地区大会の最終日が行われ、仮屋愛優(東京3東京)が女子100mハードルと七種競技の2冠 […]

NEWS 100mH・谷中天架 ライバル対決制して大会新V!! 3000m障害の牟田颯太は独走で8分54秒17 九産大九産が男子両リレー制覇/IH北九州

2024.06.18

100mH・谷中天架 ライバル対決制して大会新V!! 3000m障害の牟田颯太は独走で8分54秒17 九産大九産が男子両リレー制覇/IH北九州

◇インターハイ北九州地区大会(6月14日~17日/長崎・トランスコスモススタジアム長崎)4日目 福岡インターハイを懸けた北九州地区大会の最終日はトラック8種目、フィールド4種目の決勝が行われ、3種目で大会新記録が誕生した […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年7月号 (6月14日発売)

2024年7月号 (6月14日発売)

パリ五輪への道、最終局面
インターハイ都府県大会ハイライト

page top