HOME 高校

2022.11.03

神村学園が後半好走し1時間7分27秒で7連覇 男子は出水中央が首位譲らず2年連続都大路/鹿児島県高校駅伝
神村学園が後半好走し1時間7分27秒で7連覇 男子は出水中央が首位譲らず2年連続都大路/鹿児島県高校駅伝


鹿児島県大会は11月2日、指宿市営陸上競技場を発着点に行われ、女子(5区間21.0975km)は神村学園が1時間7分27秒で7連覇。男子(7区間42.195km)は出水中央が2時間7分22秒で2年連続で優勝した。

神村学園は4年連続でオール区間賞。1区の田島愛梨(3年)では8秒だったリードを、フィニッシュでは3分56秒まで広げて完勝した。海沿いを走るため、風の影響を受けやすいコース。今回は2区と5区がやや強い向かい風を受けた。有川哲蔵監督は「1時間7分30秒以内なら合格点」としており、設定タイム内のフィニッシュに「まずまず」と及第点を与えた。

指揮官が評価したのは後半区間だ。3区の沖田萌々(3年)と4区の小倉陽菜(1年)は、いずれも3kmを9分30秒台と、2人とも3000mの自己ベストとほぼ同じぐらいで走った。また、5区のカリバ・カロライン(2年)も、5kmを14分58秒と脅威的な区間新。揺るぎない強さを見せた。

一方、2018年以来4年ぶりの全国大会優勝を見据えて課題も示した有川監督。「全国大会はここ3年、1区がうまくいかなくて、差を詰められてないまま5区に入るパターンで負けています。カロラインは間違いなく走ってくれるので、カロラインまでにトップと何秒差でつなげられるかですね。それを考えると、前半区間の走りが大事になってくるので、その課題を修正して都大路に挑みたいと思います」と話していた。

男子は昨年、全国初出場を果たした出水中央が終始先頭を守って2年連続で全国切符。流れを作ったのは1区の飯田翔大(2年)だった。ライバルの鹿児島城西に5秒差、鹿児島実には7秒差でトップ中継。2区の松尾和貴(1年)も区間賞で引き離すと、2位と14秒差をタスキを受けた4区の池田結楽(3年)がリードを49秒まで広げた。

5区の清水喜一郎(3年)とアンカーの西川結人(3年)も区間トップで、区間賞は5つ。エースの玉目陸(2年)が夏に盲腸の手術を受けた影響で、県大会は不在だったが、3年生が夏以降に一気に成長を上げて、チームを牽引した。玉目隆博監督は「3人の3年生を中心によく戦ってくれました。とにかくホッとしています。連覇がこんなに大変だと思いませんでした」と安堵した様子。2度目の全国に向けて「8位入賞を目指したい」と昨年の14位を上回る目標を掲げた。

全国大会は12月25日、京都市のたけびしスタジアム京都を発着点に行われる。

文/田端慶子

鹿児島県大会は11月2日、指宿市営陸上競技場を発着点に行われ、女子(5区間21.0975km)は神村学園が1時間7分27秒で7連覇。男子(7区間42.195km)は出水中央が2時間7分22秒で2年連続で優勝した。 神村学園は4年連続でオール区間賞。1区の田島愛梨(3年)では8秒だったリードを、フィニッシュでは3分56秒まで広げて完勝した。海沿いを走るため、風の影響を受けやすいコース。今回は2区と5区がやや強い向かい風を受けた。有川哲蔵監督は「1時間7分30秒以内なら合格点」としており、設定タイム内のフィニッシュに「まずまず」と及第点を与えた。 指揮官が評価したのは後半区間だ。3区の沖田萌々(3年)と4区の小倉陽菜(1年)は、いずれも3kmを9分30秒台と、2人とも3000mの自己ベストとほぼ同じぐらいで走った。また、5区のカリバ・カロライン(2年)も、5kmを14分58秒と脅威的な区間新。揺るぎない強さを見せた。 一方、2018年以来4年ぶりの全国大会優勝を見据えて課題も示した有川監督。「全国大会はここ3年、1区がうまくいかなくて、差を詰められてないまま5区に入るパターンで負けています。カロラインは間違いなく走ってくれるので、カロラインまでにトップと何秒差でつなげられるかですね。それを考えると、前半区間の走りが大事になってくるので、その課題を修正して都大路に挑みたいと思います」と話していた。 男子は昨年、全国初出場を果たした出水中央が終始先頭を守って2年連続で全国切符。流れを作ったのは1区の飯田翔大(2年)だった。ライバルの鹿児島城西に5秒差、鹿児島実には7秒差でトップ中継。2区の松尾和貴(1年)も区間賞で引き離すと、2位と14秒差をタスキを受けた4区の池田結楽(3年)がリードを49秒まで広げた。 5区の清水喜一郎(3年)とアンカーの西川結人(3年)も区間トップで、区間賞は5つ。エースの玉目陸(2年)が夏に盲腸の手術を受けた影響で、県大会は不在だったが、3年生が夏以降に一気に成長を上げて、チームを牽引した。玉目隆博監督は「3人の3年生を中心によく戦ってくれました。とにかくホッとしています。連覇がこんなに大変だと思いませんでした」と安堵した様子。2度目の全国に向けて「8位入賞を目指したい」と昨年の14位を上回る目標を掲げた。 全国大会は12月25日、京都市のたけびしスタジアム京都を発着点に行われる。 文/田端慶子

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.06.13

円盤投全国トップの田窪一翔 100m10秒5台の畠中とマルティネスの対決 走幅跳全国4位の山崎りりや登場/IH四国

福岡インターハイ(7月28日~8月1日)を懸けた地区大会が6月に各地で行われる。 インターハイ四国地区大会は6月15日から17日までの3日間、高知県の春野総合運動公園陸上競技場で開かれる。 男子の注目種目は円盤投。田窪一 […]

NEWS 五輪目指す栁田大輝が日本選手権前ラストレース やり投・清川と巖の80mスロワー対決、女子は山本亜美山形愛羽が登場/日本学生個人

2024.06.13

五輪目指す栁田大輝が日本選手権前ラストレース やり投・清川と巖の80mスロワー対決、女子は山本亜美山形愛羽が登場/日本学生個人

“学生ナンバーワン”を決める日本学生個人選手権が6月14日(金)から16日(日)までの3日間、神奈川・レモンガススタジアム平塚で行われる。学校対抗のインカレとは違った趣のナンバーワン決定戦。注目の選手たちを見ていこう。 […]

NEWS インゲブリグトセン大会新で1500mも完勝「今大会の走りに満足」 女子走幅跳ミハンボ7m22 デュプランティス金/欧州選手権

2024.06.13

インゲブリグトセン大会新で1500mも完勝「今大会の走りに満足」 女子走幅跳ミハンボ7m22 デュプランティス金/欧州選手権

◇欧州選手権(6月7日~12日/イタリア・ローマ) 6月12日、欧州選手権の最終日が行われ、男子1500mでは東京五輪金メダルのヤコブ・インゲブリグトセン(ノルウェー)が3分31秒95で優勝した。 前回大会で自らが作った […]

NEWS 100mは小澤斗維が向かい風1.8mで10秒58!北海道栄4継は40秒10 女子100mは山崎心愛が11秒78でV2/IH北海道

2024.06.13

100mは小澤斗維が向かい風1.8mで10秒58!北海道栄4継は40秒10 女子100mは山崎心愛が11秒78でV2/IH北海道

◇インターハイ北海道地区大会(6月11~14日/旭川市花咲スポーツ公園陸上競技場)2日目 福岡インターハイを懸けた北海道地区大会の2日目が行われ、男女短距離で好記録が誕生した。 男子100mは小澤斗維(北海道栄3)が向か […]

NEWS 【トレーニング講座】走高跳(2024年7月号)

2024.06.13

【トレーニング講座】走高跳(2024年7月号)

月刊陸上競技で連載している「トレーニング講座」。種目ごとに全国の指導者の方々にご執筆いただいています! 月刊陸上競技2024年7月号の「走高跳」で掲載されている練習動画はこちらをチェック! https://youtu.b […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年7月号 (6月14日発売)

2024年7月号 (6月14日発売)

パリ五輪への道、最終局面
インターハイ都府県大会ハイライト

page top