HOME 海外

2022.10.14

「ワールド・アスリート・オブ・ザ・イヤー」ノミネート10選手発表! デュプランティス、キプチョゲ、アムサン、ロハスら
「ワールド・アスリート・オブ・ザ・イヤー」ノミネート10選手発表! デュプランティス、キプチョゲ、アムサン、ロハスら

世界陸連(WA)がワールド・アスレティクス・アワード2022の最優秀選手に贈られる「ワールド・アスリート・オブ・ザ・イヤー」のノミネート選手を男女10名発表した。ノミネート選手と主な実績は以下の通り。

オレゴン世界選手権で活躍した選手が多く、男子棒高跳で世界新記録となる6m21をマークしたA.デュプランティス(スウェーデン)や、女子100mハードルで12秒12の世界新記録を樹立したT.アムサン(ナイジェリア)、同三段跳世界新のY.ロハス(ベネズエラ)らが選出されている。

また、先日のベルリン・マラソンで2時間1分09秒という世界記録を打ち立てたE.キプチョゲ(ケニア)も候補に挙がる。

SNSでファン投票も行われており、Twitterのリツイート、Facebook、Instagram、YouTubeでのLIKE機能で投票が可能で、10月31日に投票は締め切られる。

候補の中から男女各5名のファイナリストが選ばれ、受賞者は12月に発表される。昨年の「アスリート・オブ・ザ・イヤー」には男子は400mハードルのK.ワルホルム(ノルウェー)、女子は短距離のE.トンプソン・ヘラー(ジャマイカ)が選ばれた。

ノミネート選手と主な実績は以下の通り

■男子
●C.チェー(スロバキア)
円盤投で世界選手権優勝、ダイヤモンドリーグ(DL)優勝、71m27のナショナルレコード、欧州選手権銀メダル

●A.ドス・サントス選手(ブラジル)
400mハードルで世界選手権優勝、DL優勝、46秒29の今季世界最高、南米世界記録を樹立

●A.デュプランティス(スウェーデン)
棒高跳で世界選手権、世界室内選手権優勝、DL優勝、欧州選手権優勝、室内では6m19、6m20、屋外では6m21と世界記録を更新

●S.エル・バッカリ(モロッコ)
3000m障害で世界選手権優勝、DL優勝、今季世界最高の7分58秒28をマーク、今年無敗

●G.ホロウェイ(米国)
110mハードルで世界選手権優勝、DL優勝、60mハードルで世界室内選手権優勝

●J.インゲブリグトセン(ノルウェー)
5000mで世界選手権優勝、1500mで世界選手権&世界室内選手権銀メダル、1500m・5000mで欧州選手権優勝、1500mでDL優勝、今季世界最高の3分29秒02

●E.キプチョゲ(ケニア)
マラソンの世界記録を2時間01分09秒に更新、ベルリン・マラソン&東京マラソン優勝

●N.ライルズ(米国)
200mで世界選手権優勝、DL優勝、19秒31の今季世界最高、世界歴代3位で米国記録を樹立

●A.ピータース(グレナダ)
やり投で世界選手権優勝、英連邦大会銀メダル、93m07の今季世界最高、世界歴代5位でNACAC(北中米カリブ)記録を樹立

●P.ピチャルド(ポルトガル)
三段跳で17m95の今季世界最高で世界選手権優勝、世界室内選手権銀メダル、欧州選手権優勝

■女子
●T.アムサン(ナイジェリア)
100mハードルで世界選手権優勝、DL・英連邦大会・アフリカ選手権優勝、12秒12の世界記録を樹立

●C.イーリー(米国)
砲丸投で世界選手権優勝、世界室内選手権銀メダル、DL優勝、今季世界最高の20m51

●S.-A.フレーザー・プライズ(ジャマイカ)
100mで世界選手権優勝、5個目の金メダル獲得、DL優勝、今季の7回のサブ10秒70を達成、今季世界最高の10秒62をマーク

●K.ガルシア(ペルー)
20km競歩で世界選手権優勝、ペルー勢として世界選手権初のメダルを獲得、35km競歩で世界選手権優勝、南米記録で競歩のダブル優勝を達成、20km競歩で世界競歩チーム選手権銅メダル

●S.ジャクソン(ジャマイカ)
200mで世界選手権優勝、DL優勝、今季世界最高&世界歴代2位の21秒45をマーク

●F.キピエゴン(ケニア)
1500mで世界選手権優勝、DL優勝、世界記録まであと0.3秒の3分50秒37をマークしてケニア新記録を樹立、今季世界最高

●Y.マフチフ(ウクライナ)
走高跳で世界室内選手権優勝、世界選手権銀メダル、走高跳で欧州選手権優勝、今季世界最高の2m05mをマーク

●S.マクラフリン(米国)
400mハードルと4×400mで世界選手権優勝、51秒41の世界記録を樹立(米国選手権)、世界選手権で50秒68をマークし世界記録を塗り替えた

●S.ミラー・ウイボ(バハマ)
400mで世界選手権優勝、世界室内選手権優勝、NACAC(北中米カリブ)大会優勝

●Y.ロハス(ベネズエラ)
三段跳で世界選手権、世界室内選手権優勝、DL優勝、世界室内選手権で世界記録を15m74に更新

世界陸連(WA)がワールド・アスレティクス・アワード2022の最優秀選手に贈られる「ワールド・アスリート・オブ・ザ・イヤー」のノミネート選手を男女10名発表した。ノミネート選手と主な実績は以下の通り。 オレゴン世界選手権で活躍した選手が多く、男子棒高跳で世界新記録となる6m21をマークしたA.デュプランティス(スウェーデン)や、女子100mハードルで12秒12の世界新記録を樹立したT.アムサン(ナイジェリア)、同三段跳世界新のY.ロハス(ベネズエラ)らが選出されている。 また、先日のベルリン・マラソンで2時間1分09秒という世界記録を打ち立てたE.キプチョゲ(ケニア)も候補に挙がる。 SNSでファン投票も行われており、Twitterのリツイート、Facebook、Instagram、YouTubeでのLIKE機能で投票が可能で、10月31日に投票は締め切られる。 候補の中から男女各5名のファイナリストが選ばれ、受賞者は12月に発表される。昨年の「アスリート・オブ・ザ・イヤー」には男子は400mハードルのK.ワルホルム(ノルウェー)、女子は短距離のE.トンプソン・ヘラー(ジャマイカ)が選ばれた。 ノミネート選手と主な実績は以下の通り ■男子 ●C.チェー(スロバキア) 円盤投で世界選手権優勝、ダイヤモンドリーグ(DL)優勝、71m27のナショナルレコード、欧州選手権銀メダル ●A.ドス・サントス選手(ブラジル) 400mハードルで世界選手権優勝、DL優勝、46秒29の今季世界最高、南米世界記録を樹立 ●A.デュプランティス(スウェーデン) 棒高跳で世界選手権、世界室内選手権優勝、DL優勝、欧州選手権優勝、室内では6m19、6m20、屋外では6m21と世界記録を更新 ●S.エル・バッカリ(モロッコ) 3000m障害で世界選手権優勝、DL優勝、今季世界最高の7分58秒28をマーク、今年無敗 ●G.ホロウェイ(米国) 110mハードルで世界選手権優勝、DL優勝、60mハードルで世界室内選手権優勝 ●J.インゲブリグトセン(ノルウェー) 5000mで世界選手権優勝、1500mで世界選手権&世界室内選手権銀メダル、1500m・5000mで欧州選手権優勝、1500mでDL優勝、今季世界最高の3分29秒02 ●E.キプチョゲ(ケニア) マラソンの世界記録を2時間01分09秒に更新、ベルリン・マラソン&東京マラソン優勝 ●N.ライルズ(米国) 200mで世界選手権優勝、DL優勝、19秒31の今季世界最高、世界歴代3位で米国記録を樹立 ●A.ピータース(グレナダ) やり投で世界選手権優勝、英連邦大会銀メダル、93m07の今季世界最高、世界歴代5位でNACAC(北中米カリブ)記録を樹立 ●P.ピチャルド(ポルトガル) 三段跳で17m95の今季世界最高で世界選手権優勝、世界室内選手権銀メダル、欧州選手権優勝 ■女子 ●T.アムサン(ナイジェリア) 100mハードルで世界選手権優勝、DL・英連邦大会・アフリカ選手権優勝、12秒12の世界記録を樹立 ●C.イーリー(米国) 砲丸投で世界選手権優勝、世界室内選手権銀メダル、DL優勝、今季世界最高の20m51 ●S.-A.フレーザー・プライズ(ジャマイカ) 100mで世界選手権優勝、5個目の金メダル獲得、DL優勝、今季の7回のサブ10秒70を達成、今季世界最高の10秒62をマーク ●K.ガルシア(ペルー) 20km競歩で世界選手権優勝、ペルー勢として世界選手権初のメダルを獲得、35km競歩で世界選手権優勝、南米記録で競歩のダブル優勝を達成、20km競歩で世界競歩チーム選手権銅メダル ●S.ジャクソン(ジャマイカ) 200mで世界選手権優勝、DL優勝、今季世界最高&世界歴代2位の21秒45をマーク ●F.キピエゴン(ケニア) 1500mで世界選手権優勝、DL優勝、世界記録まであと0.3秒の3分50秒37をマークしてケニア新記録を樹立、今季世界最高 ●Y.マフチフ(ウクライナ) 走高跳で世界室内選手権優勝、世界選手権銀メダル、走高跳で欧州選手権優勝、今季世界最高の2m05mをマーク ●S.マクラフリン(米国) 400mハードルと4×400mで世界選手権優勝、51秒41の世界記録を樹立(米国選手権)、世界選手権で50秒68をマークし世界記録を塗り替えた ●S.ミラー・ウイボ(バハマ) 400mで世界選手権優勝、世界室内選手権優勝、NACAC(北中米カリブ)大会優勝 ●Y.ロハス(ベネズエラ) 三段跳で世界選手権、世界室内選手権優勝、DL優勝、世界室内選手権で世界記録を15m74に更新

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.07.18

三浦龍司が五輪前に自信深めるレース「クオリティーの高いものができている。メダルが大きな目標」/ホクレンDC深川

夏の北海道を舞台とする中長距離のレースシリーズ、ホクレン・ディスタンスチャレンジ(DC)の第4戦深川大会が7月17日に開催され、男子3000m障害の日本記録(8分09秒91)保持者でパリ五輪代表の三浦龍司(SUBARU) […]

NEWS 西山雄介が東京マラソン以来のレースで日本人トップ 800m・岡村颯太が1分47秒05/ホクレンDC深川

2024.07.17

西山雄介が東京マラソン以来のレースで日本人トップ 800m・岡村颯太が1分47秒05/ホクレンDC深川

ホクレン・ディスタンスチャレンジ2024第4戦の深川大会が7月17日に行われ、男子10000mA組はオレゴン世界選手権マラソン代表の西山雄介(トヨタ自動車)が28分08秒53で日本人最上位の4位でフィニッシュした。 3月 […]

NEWS 国スポの2027年宮崎県開催が決定! 29年の群馬県開催も内定

2024.07.17

国スポの2027年宮崎県開催が決定! 29年の群馬県開催も内定

日本スポーツ協会は7月17日、都内で理事会を開き、2027年(令和9年)の第81回国民スポーツ大会の開催地を宮崎県とすることを決定した。また、29年(令和11年)の第83回大会の開催地が群馬県に内定した。 今年度より、名 […]

NEWS 【プレゼント】ハーツ&ハーツクリニックの 「メタリックネックレスⅡ2024 IPバージョン(40㎝)」/2024年8月号

2024.07.17

【プレゼント】ハーツ&ハーツクリニックの 「メタリックネックレスⅡ2024 IPバージョン(40㎝)」/2024年8月号

独自の「周波数加工®」…「ハーツ加工®」で体内の周波数を整えるハーツ&ハーツクリニックは、同社製品の基本であり最高峰の「メタリックネックレス」から、新たに「メタリックネックレス Ⅱ 2024」、「メタリックネックレス Ⅱ […]

NEWS 五輪代表・三浦龍司が5000mに出場 13分31秒61で日本人トップ「手応えを得られたのは自信になる」/ホクレンDC深川

2024.07.17

五輪代表・三浦龍司が5000mに出場 13分31秒61で日本人トップ「手応えを得られたのは自信になる」/ホクレンDC深川

ホクレン・ディスタンスチャレンジ2024第4戦の深川大会が7月17日に行われ、パリ五輪3000m障害代表の三浦龍司(SUBARU)が男子5000mA組に出場し、13分31秒61で6位に入った。 今季の三浦は5月以降、海外 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年8月号 (7月12日発売)

2024年8月号 (7月12日発売)

W別冊付録
パリ五輪観戦ガイド&福岡インターハイ完全ガイド

page top