HOME 国内、大学

2022.09.11

栁田大輝「緊張しました」初日本インカレ4継で激走 来年は「個人で世界陸上」/日本IC
栁田大輝「緊張しました」初日本インカレ4継で激走 来年は「個人で世界陸上」/日本IC

◇日本インカレ(京都・たけびしスタジアム京都:西京極)2日目

学生ナンバーワンを決める第91回日本インカレの2日目が行われ、オレゴン世界選手権4×100mリレー代表の栁田大輝(東洋大)が4×100mリレーに出場し、チームの3位に貢献した。

2走に入った栁田。初日に行われた予選は39秒61で通過した。栁田の走りにスタンドからは「速い!」と言う感嘆の声がいくつも漏れていた。

決勝も先輩の前田拓夢から受けたバトンを持ってバックストレートを爆走。同期の成島陽紀へしっかりつないだ。東洋大は優勝した筑波大を追いかけ、早大と競り合いになり、39秒13で3位だった。

栁田は今回はリレーのみ。オレゴン世界選手権後はそのままコロンビア・カリへ移動してU20世界選手権に出場した。100mでは10秒15のベストをマークして6位入賞。4×100mリレーでは金メダルを獲得した。

その後は帰国し、「元々決まっていた」という欧州遠征。コンチネンタルツアーに出場した。そのため、今回は100mへの出場を見送っている。「自分が目指しているのは世界選手権やオリンピック。日本で勝つのも大事ですが、まずは海外の選手とレースをして自分に足りないものを感じ取りたかった」と理由を明かした。

その経験を経て、「海外の強い選手は120mくらい走れるような感じですが、僕は100mを走るのもいっぱいいっぱい。走りきる力が必要。ウエイトトレーニングなどにも取り組んで、トップスピードも上げていきたい」と、さらなるパワーアップを図っていくつもりだ。

リレーのみの出場となったが「とても緊張しましたし、盛り上がりがすごくて楽しかったです」と、初の日本インカレの雰囲気を味わった栁田。今季は国体の100mに出場を予定している。

「いろんな経験をできた1年。来年はブダペスト世界選手権に個人で走れるようにしたいです」

視線はぶれず、常に世界を見据える若きスプリンター。世界選手権の参加標準記録10秒00を切るために、短い秋を挟んで大学初の冬季トレーニングに入る。

◇日本インカレ(京都・たけびしスタジアム京都:西京極)2日目 学生ナンバーワンを決める第91回日本インカレの2日目が行われ、オレゴン世界選手権4×100mリレー代表の栁田大輝(東洋大)が4×100mリレーに出場し、チームの3位に貢献した。 2走に入った栁田。初日に行われた予選は39秒61で通過した。栁田の走りにスタンドからは「速い!」と言う感嘆の声がいくつも漏れていた。 決勝も先輩の前田拓夢から受けたバトンを持ってバックストレートを爆走。同期の成島陽紀へしっかりつないだ。東洋大は優勝した筑波大を追いかけ、早大と競り合いになり、39秒13で3位だった。 栁田は今回はリレーのみ。オレゴン世界選手権後はそのままコロンビア・カリへ移動してU20世界選手権に出場した。100mでは10秒15のベストをマークして6位入賞。4×100mリレーでは金メダルを獲得した。 その後は帰国し、「元々決まっていた」という欧州遠征。コンチネンタルツアーに出場した。そのため、今回は100mへの出場を見送っている。「自分が目指しているのは世界選手権やオリンピック。日本で勝つのも大事ですが、まずは海外の選手とレースをして自分に足りないものを感じ取りたかった」と理由を明かした。 その経験を経て、「海外の強い選手は120mくらい走れるような感じですが、僕は100mを走るのもいっぱいいっぱい。走りきる力が必要。ウエイトトレーニングなどにも取り組んで、トップスピードも上げていきたい」と、さらなるパワーアップを図っていくつもりだ。 リレーのみの出場となったが「とても緊張しましたし、盛り上がりがすごくて楽しかったです」と、初の日本インカレの雰囲気を味わった栁田。今季は国体の100mに出場を予定している。 「いろんな経験をできた1年。来年はブダペスト世界選手権に個人で走れるようにしたいです」 視線はぶれず、常に世界を見据える若きスプリンター。世界選手権の参加標準記録10秒00を切るために、短い秋を挟んで大学初の冬季トレーニングに入る。

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.06.21

七種競技・山﨑有紀「自己ベストで優勝」大玉華鈴「6000点目指したい」/日本選手権混成

◇第108回日本選手権・混成競技(6月22、23日/岐阜メモリアルセンター長良川競技場) パリ五輪代表選考会を兼ねた日本選手権・混成競技を前日に控える6月21日、岐阜市内で出場選手が前日会見に登壇した。 女子七種競技の日 […]

NEWS 世界陸上代表・丸山優真「最大限やってきた」田上駿「優勝を第一目標に」/日本選手権混成

2024.06.21

世界陸上代表・丸山優真「最大限やってきた」田上駿「優勝を第一目標に」/日本選手権混成

◇第108回日本選手権・混成競技(6月22、23日/岐阜メモリアルセンター長良川競技場) パリ五輪代表選考会を兼ねた日本選手権・混成競技を前日に控える6月21日、岐阜市内で出場選手が前日会見に登壇した。 男子十種競技で前 […]

NEWS 20km競歩リオ、東京五輪代表・髙橋英輝が現役引退 「どのレースも自分にとっては忘れられない思い出」1万m競歩では世界最高記録も保持

2024.06.21

20km競歩リオ、東京五輪代表・髙橋英輝が現役引退 「どのレースも自分にとっては忘れられない思い出」1万m競歩では世界最高記録も保持

6月20日、富士通は所属する競歩の髙橋英輝が同日付で引退することを発表した。 髙橋は岩手県花巻市出身の31歳。小学校ではサッカー、中学校ではソフトテニス部だったが、陸上の大会前になると特設された陸上部に所属し、長距離ラン […]

NEWS ゴールドコーストマラソンに川内優輝、小山裕太、川内理江ら日本人選手多数招待! 7月7日開催

2024.06.21

ゴールドコーストマラソンに川内優輝、小山裕太、川内理江ら日本人選手多数招待! 7月7日開催

7月7日に行われる第44回ゴールドコーストマラソンに先立ち、大会事務局は6月20日、21日に男女の招待選手を発表した。 日本からは男女17人の選手が招待。男子ではパリ五輪マラソンの補欠に選ばれている川内優輝(あいおいニッ […]

NEWS 棒高跳アジア記録保持者・オビエナ シーズンベストの5m97! 砲丸投・ファブリは大会新V/WAコンチネンタルツアー

2024.06.21

棒高跳アジア記録保持者・オビエナ シーズンベストの5m97! 砲丸投・ファブリは大会新V/WAコンチネンタルツアー

6月20日、ポーランド・ビドゴシュチでWAコンチネンタルツアー・ゴールドのイレーナ・シェビンスカ記念が開催され、男子棒高跳ではオレゴン世界選手権銀メダルのE.J.オビエナ(フィリピン)が5m97で優勝した。 6m00のア […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年7月号 (6月14日発売)

2024年7月号 (6月14日発売)

パリ五輪への道、最終局面
インターハイ都府県大会ハイライト

page top