月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

栁田大輝が準決勝10秒15の自己新で決勝は6位 やり投辻も6位 テボゴが9秒91のU20世界新/U20世界選手権DAY2


◇U20世界選手権(8月1日~6日/コロンビア・カリ)2日目

U20世界選手権2日目、日本勢は2種目で2人が入賞。男子100m決勝では栁田大輝(東洋大)が10秒24(+0.8)で6位。女子やり投でも辻萌々子(九州共立大)が53m82で6位に入った。

栁田は準決勝2組で、自身の持つU20日本歴代3位の10秒16を更新する10秒15(+0.7)をマークして2着通過。全体4位の記録で決勝に進んだが、表彰台には届かなかった。藤原寛人(中大)は準決勝3組で6着(10秒48/-0.4)に終わった。

金メダルは前回に続いてL.テボゴ(ボツワナ)。レース終盤に右横を向く余裕を見せながらも9秒91で駆け抜け、自身の持つU20世界記録を0.03秒更新した。なお、準決勝で栁田に先着した16歳のP.ブーンソン(タイ)がU18世界新の10秒09をマークした。

予選で56m07を投げていた辻は、1投目に52m96を放って8位でトップ8進出。4投目に53m65、5投目に53m82をマークして一時は5位に上がったが、最終投てきで順位を下げた。また、村上碧海(日体大)は51m60で10位だった。優勝したA.ヴィラゴス(セルビア)は大会新、U20世界歴代3位の63m52をマークした。

この他の日本勢では、女子400mハードル予選1組の松岡萌絵(中大)が58秒90で2着通過。男子400m予選は、5組の友田真隆(東理大)が46秒68で1着、3組の有田詞音(九州共立大)は47秒10で4着に入り、それぞれ準決勝に進出した。

男子棒高跳予選では原口篤志(東大阪大)が5m20でB組3位(総合6位)で決勝へ。水谷翼(福岡大)は4m90でA組7位タイ(総合15位)にとどまり、通過できなかった。

DAY3は午前セッションが日本時間3日22時30分、午後セッションが同4日5時に競技開始。男子は200m予選、400m準決勝、3000m予選、400mハードル予選、3000m障害予選などが、女子は400mハードル準決勝、走幅跳予選、ハンマー投予選などが行われる。

o

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com