月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

やり投の北口榛花がダイヤモンドリーグ・シレジア&モナコにエントリー!初ファイナル目指す

オレゴン世界選手権の女子やり投で日本初の銅メダルを獲得した北口榛花(JAL)が、ダイヤモンドリーグにエントリーした。出場を予定しているのは8月6日のシレジア大会と10日のモナコ大会と連戦となる。

66m00の日本記録を持つ北口はオレゴン世界選手権で女子フィールド種目初メダルとなる3位。大会前にはダイヤモンドリーグ・パリ大会で日本人初優勝を飾っている。北口は世界選手権の際に「海外選手と投げ合うような経験をたくさんするして異国でも自分のホームみたいな感じで投げられるのが大事」と海外転戦への意気込みを語っていた。世界選手権後は日本に戻らず拠点とするチェコに戻っている。

なお、シレジア大会男子100mにはサニブラウン・アブデル・ハキーム(タンブルウィードTC)もエントリーした。

ダイヤモンドリーグは世界最高峰のリーグ戦。世界各地で行われる種目でポイントを稼ぎ、それまでの大会でのポイント獲得上位者がファイナルの出場資格を得る。全32種目が行われるファイナルは9月7日、8日の第14戦チューリッヒ(スイス)で、年間王者が決定する。

o

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com