月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

高校アスリート最大の祭典が開幕!男子400mはランキングトップの冨永湧平が47秒01で優勝/徳島IH


◇徳島インターハイ(8月3日~7日/徳島・鳴門総合運動公園)

インターハイが8月3日、徳島・鳴門総合運動公園(鳴門・大塚スポーツパークポカリスエットスタジアム)で始まった。灼熱の夏の5日間、高校生たちがそれぞれの目標に向かって突き進む。

初日の男子400mでは、今季高校ランキングトップの46秒69を持つ冨永湧平(東福岡3福岡)が47秒01で初優勝を飾った。前回は、4×400mリレーでチーム初優勝に貢献。大きな喜びに浸った一方で、400mは3位と0秒01差の4位でメダルを逃し、悔しさを味わった。さかのぼれば3年前の全中も2位。個人種目での日本一は冨永にとって悲願だった。

徳島で目指したのは、「予選から1本1本確実にタイムを上げていくこと」。前回は準決勝から決勝でそれができなかったことがメダルを逃した要因と考えている。だからこそ、練習では、ビルドアップ的に1本ずつタイムを上げながら本数をこなしてきた。この日は予選を47秒60で通過した後、準決勝を全体トップの47秒40で走っても、「1本1本を大事に、流さずにしっかり無駄なく走る」という意識に揺らぎはなかった。

さらに、予選後も準決勝後も、他の選手たちが力を使い果たしてしゃがみ込む横を冨永は颯爽と引き上げていった。「(顧問の植木貴頼)先生からは『絶対に疲れた姿を周りには見せないように』といつも言われているからです。疲れた姿を見せると、周りに『勝てるな』と思われてしまいます。だからどんなに疲れていても、待機所に行くまでは楽な表情でいることを心掛けました」

冨永本人は明かさなかったが、今季は故障でシーズン開幕で出遅れるなど、満足に練習できない時期もあったという。それでも、できることをコツコツとこなしていった。冨永が昨年から変わったのは、体力や走力以上に、メンタル面の成長が大きかったのかもしれない。

レベルの高いライバルたちの存在も刺激になっていた。「中道(大貴/東海大翔洋3静岡)や小島(颯太/岡崎城西3愛知)という全中の決勝で一緒に戦った選手と、またこういう舞台で戦えたことはうれしかったですし、長葭(遥斗/浜松開誠館3静岡)はU20日本選手権で予選から戦って、『速いな』と目標にしていた存在だったので、そういう選手たちは意識して走っていました」

インターハイ覇者の称号を得たが、歩みは止めない。冨永は「今月の終わりに九州選手権に出るので、そこでは46秒69を切れるように走りたいです」と勝ってなお、自己記録更新に貪欲な姿勢を見せていた。

◇1日目の優勝者
男子400m 冨永湧平(東福岡3福岡)47秒01
男子ハンマー投 秋山玲二郎(四学香川西3香川)66m23=大会新
女子400m 児島柚月(西京3京都)54秒04
女子ハンマー投 三村啓恵(敦賀3福井)53m82

文/小野哲史

o

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com