月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

男子4×400mR決勝で日本2分台目指す 100mH準決勝に福部真子と青木益未 棒高跳デュプランティス世界新なるか/世界陸上Day10午後みどころ


陸上競技の世界ナンバーワンを決める世界陸上競技選手権(以下、世界選手権)。7月15日から米国・オレゴン州ユージンのヘイワード・フィールドを会場に行われ、24日(日本時間の25日)に最終日を迎える。

米国初開催となった今大会もついにフィナーレ。Day10の午後は注目種目が目白押しで最高潮を迎える。日本勢も2種目に登場する。

まずは日本時間25日9時10分(以下日本時間)開始の女子100mハードル準決勝に2選手が出場。1組1レーンには福部真子(日本建設工業)が入った。予選では日本人大会過去最高の12秒96(+0.5)をマーク。自己記録に0.03秒に迫っている。また、日本記録(12秒86)保持者の青木益未(七十七銀行)は2組2レーン。予選では2台目あたりで隣の選手と接触しながらも、その後は持ち直して13秒12(-0.4)で駆け抜けた。

2人とも決勝への道はかなり険しいが、青木の日本記録が現実的なところ。ニューレコードで世界のトップに少しでも迫りたいところだろう。

海外勢では昨年の東京五輪金メダリストのジャスミン・カマチョ・クイン(プエルトリコ)と、同大会銀で世界記録(12秒20)のケンドラ・ハリソン(米国)が中心となるはず。11時00分の決勝ではどんなレースとなるだろうか。

そして、日本勢が出場するもう1種目が11時30分の男子4×400mリレー決勝だ。日本は3レーン。予選は佐藤風雅(那須環境技術センター)、川端魁人(中京大クラブ)、ウォルシュ・ジュリアン(富士通)、中島佑気ジョセフ(東洋大)とバトンをつないで3分01秒53で2着通過した。決勝も序盤から上位に食らいつく展開がカギを握るだろう。日本記録(3分00秒76/1996年、2021年)更新はもちろん、目標の2分台に到達するか

なお、予選で他チームとの接触でバトンを落としたボツワナが救済されたため、決勝は9チームで争う。2003年パリ大会以来の入賞へ、最高のパフォーマンスを見せてほしい。

優勝候補は11度目の金メダルに挑む地元・米国。温存している400mVのマイケル・ノーマンや同4位のチャンピオン・アリソンが起用されるか。

海外勢の最注目は、9時25分の男子棒高跳決勝に出場するアルマンド・デュプランティス(スウェーデン)だ。絶対本命だが、ポイントは記録。屋外世界最高6m16や、今年3月の世界室内選手権でマークした世界記録6m20の更新までバーを上げるか。

女子走幅跳決勝(9時50分)は19年ドーハ大会、昨年の東京五輪と国際大会で2連勝中のマライカ・ミハンボ(ドイツ)が軸。ブルック・ストラットン(豪州)やエセ・ブルメ(ナイジェリア)、イヴァーナ・ヴレタ(セルビア)もV候補だ。

男子5000m決勝(10時05分)は、世界記録保持者で東京五輪覇者のジョシュア・チェプテゲイ(ウガンダ)が今大会10000mに続く2冠なるか。今季好調のニコラス・キメリ(ケニア)やヤコブ・クロップ(ケニア)、1500mで2位に敗れたヤコブ・インゲブリグトセン(ノルウェー)も優勝争いに加わるだろう。

女子800m決勝(10時35分)はアシング・ムー(米国)とキーリー・ホジキンソン(英国)が競り合う構図か。11時20分に最終種目の1500mが行われる男子十種競技は、前日の400mで優勝候補のダミアン・ワーナー(カナダ)が途中棄権。ケビン・マイヤー(フランス)、ピエルス・ルパージュ(カナダ)、ザック・ジーメク(米国)らで混戦となりそうだ。

そして、今大会トラック最終種目の女子4×400mリレー決勝(11時50分)は米国が一番の注目。今季限りで引退を表明しているアリソン・フェリックスが予選に続いて再び走ることになるか。また、400mハードルで50秒68の驚異的な世界新を打ち立てたシドニー・マクラフリンも東京五輪同様、出場するかもしれない。スター選手がバトンをつないで華々しく地元大会を締めくくれば、観客は熱狂するだろう。

o

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com