月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

35km競歩で大逃げの松永大介は26位「今日のレースに後悔はない」/世界陸上


◇オレゴン世界陸上(7月15日~24日/米国・オレゴン州ユージン) 最終日

オレゴン世界陸上最終日のモーニングセッションに行われた新種目の男子35km競歩で、松永大介(富士通)が2時間33分56秒の26位でフィニッシュした。

14年にユージンで行われた世界ジュニア選手権で金メダルを獲得。16年のリオ五輪20km競歩で7位入賞の実績を持つ松永だが、以後は脚の故障や若手の台頭に押され、日本代表の座から遠のいていた時期が続いた。ここ数年は競技を辞めることも考えたことも少なくなかったという。

しかし、今年3月の全日本競歩能美大会20kmで復活優勝を飾ると、4月の日本選手権35km競歩でも2位となり、不振を脱却。両種目で世界選手権の出場権獲得するなかで、35kmを選択した。

8年前に世界一に輝いた場所でのレースとなった今大会。「入賞圏外かメダルかどちらかだと思っていた」と一か八かの勝負を仕掛け、スタートするやいなやハイペースで飛ばした。2位集団とは最大で1分以上の大差をつけて逃げ切りを図ったものの、5月に故障で練習ができなかったことも影響し、20km過ぎに追いつかれ、以降は苦しい歩きとなってしまった。

「力不足ですが、今日のレースに後悔はないです」とレース後は涙を浮かべた松永は、2年後のパリ五輪に向けて再び歩き出すと力強く語った。

o

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com