HOME 国内、世界陸上、日本代表
35km競歩の川野将虎 激闘の末につかんだ銀メダルも「慢心せず次の世界陸上やパリ五輪に向かってがんばりたい」/世界陸上
35km競歩の川野将虎 激闘の末につかんだ銀メダルも「慢心せず次の世界陸上やパリ五輪に向かってがんばりたい」/世界陸上


◇オレゴン世界陸上(7月15日~24日/米国・オレゴン州ユージン)10日目

オレゴン世界陸上10日目のモーニングセッションに行われた男子35km競歩決勝で、川野将虎(旭化成)は死力を尽くして歩き抜いた。

広告の下にコンテンツが続きます

スタート直後に飛び出した松永大介(富士通)を吸収した21kmから、川野を含めた先頭集団は激しい上位争いを展開。それまで1km4分10秒あたりのペースが4分02秒~03秒に。スピードアップで選手が次々と脱落し、33kmで金メダル争いは川野とマッシモ・スタノ(イタリア)の2人となった。

スタノは昨年の東京五輪20km金メダリスト。川野の東洋大時代からのチームメイト・池田向希(旭化成)を抑えている。「昨年の池田と同じように一騎打ちになりました。僕は池田にいつも引っ張ってもらっていたので、今度は自分がスタノ選手に勝って勇気づけたかった」。口が開き、苦しい表情になったが、懸命に腕を振ってスタノの背後に食らいついた。

残り1kmでその差が開く。川野は追おうとするが、差は縮まらない。フィニッシュ直前で接近したものの、結局届かなかった。スタノとは1秒差の2時間23分15秒。世界大会で自身初のメダルに「大きな目標をかなえることができました」と充実感をにじませながらも、デッドヒートの末に敗れたスタノについて、「すごい強い選手で、自分にはまだまだかなわない。ここから鍛えていこうと思っています」と話していた。

昨年の東京五輪50kmでは、途中で嘔吐しながらも6位入賞。今年から50kmが35kmに種目が変更され、世界のトップを目指して準備を進めてきたが、1月に貧血の症状が出た。一時は「世界陸上もあきらめかけた」ほどだったが、指導を受ける酒井瑞穂コーチや夫の酒井俊幸・東洋大監督ら周囲の支えで復調。3月の世界競歩チーム選手権で4位に入ると、4月中旬の日本選手権は今季世界最高、日本最高の2時間26分40秒で制し、世界選手権代表に内定した。

広告の下にコンテンツが続きます

苦しい時を経てつかんだ勲章。今大会の男子競歩では、20kmで山西利和(愛知製鋼)が金メダル、池田が銀メダルに輝き、メダルは3つ目となる。「これまで伝統をつないでくださった歴代の先輩方がたくさん苦労して今の自分たちがある。そういった方々に感謝したいと思っています」。日本を代表するウォーカーとなっても謙虚な姿勢。静岡・御殿場南高時代から変わらない。

大きな節目を迎えたが、すでに先を見据えている。「金メダルを取れていませんし、未熟な点が多い。鍛える部分がたくさんあるので、ここで慢心せずに、次の世界陸上やパリ五輪に向かってがんばっていきたい」と力強く語った。

◇オレゴン世界陸上(7月15日~24日/米国・オレゴン州ユージン)10日目 オレゴン世界陸上10日目のモーニングセッションに行われた男子35km競歩決勝で、川野将虎(旭化成)は死力を尽くして歩き抜いた。 スタート直後に飛び出した松永大介(富士通)を吸収した21kmから、川野を含めた先頭集団は激しい上位争いを展開。それまで1km4分10秒あたりのペースが4分02秒~03秒に。スピードアップで選手が次々と脱落し、33kmで金メダル争いは川野とマッシモ・スタノ(イタリア)の2人となった。 スタノは昨年の東京五輪20km金メダリスト。川野の東洋大時代からのチームメイト・池田向希(旭化成)を抑えている。「昨年の池田と同じように一騎打ちになりました。僕は池田にいつも引っ張ってもらっていたので、今度は自分がスタノ選手に勝って勇気づけたかった」。口が開き、苦しい表情になったが、懸命に腕を振ってスタノの背後に食らいついた。 残り1kmでその差が開く。川野は追おうとするが、差は縮まらない。フィニッシュ直前で接近したものの、結局届かなかった。スタノとは1秒差の2時間23分15秒。世界大会で自身初のメダルに「大きな目標をかなえることができました」と充実感をにじませながらも、デッドヒートの末に敗れたスタノについて、「すごい強い選手で、自分にはまだまだかなわない。ここから鍛えていこうと思っています」と話していた。 昨年の東京五輪50kmでは、途中で嘔吐しながらも6位入賞。今年から50kmが35kmに種目が変更され、世界のトップを目指して準備を進めてきたが、1月に貧血の症状が出た。一時は「世界陸上もあきらめかけた」ほどだったが、指導を受ける酒井瑞穂コーチや夫の酒井俊幸・東洋大監督ら周囲の支えで復調。3月の世界競歩チーム選手権で4位に入ると、4月中旬の日本選手権は今季世界最高、日本最高の2時間26分40秒で制し、世界選手権代表に内定した。 苦しい時を経てつかんだ勲章。今大会の男子競歩では、20kmで山西利和(愛知製鋼)が金メダル、池田が銀メダルに輝き、メダルは3つ目となる。「これまで伝統をつないでくださった歴代の先輩方がたくさん苦労して今の自分たちがある。そういった方々に感謝したいと思っています」。日本を代表するウォーカーとなっても謙虚な姿勢。静岡・御殿場南高時代から変わらない。 大きな節目を迎えたが、すでに先を見据えている。「金メダルを取れていませんし、未熟な点が多い。鍛える部分がたくさんあるので、ここで慢心せずに、次の世界陸上やパリ五輪に向かってがんばっていきたい」と力強く語った。

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.02.25

衝撃の初マラソン初V!平林清澄の快走にを指導した國學院大・前田康弘監督「妥協しない。努力をしてきましたから」/大阪マラソン

◇大阪マラソン2024(2月25日/大阪府庁前スタート・大阪城公園フィニッシュ) ジャパンマラソンチャンピオンシップ(JMC)シリーズGSで、パリ五輪代表選考会マラソングランドチャンピオンシップ(MGC)ファイナルチャレ […]

NEWS “初代山の神”今井正人 大歓声ラストランに「こんなに幸せなことはない」今後は「一緒に考え、悩み、悔しがれる」指導者に/日本選手権クロカン

2024.02.25

“初代山の神”今井正人 大歓声ラストランに「こんなに幸せなことはない」今後は「一緒に考え、悩み、悔しがれる」指導者に/日本選手権クロカン

◇第107回日本選手権クロスカントリー(2月25日/福岡・海の中道海浜公園) 世界クロスカントリー選手権(3月30日/セルビア・ベオグラード)の代表選考会を兼ねた第107回日本選手権クロスカントリーが行われ、男子(10k […]

NEWS 山形愛羽 室内日本最高の11秒77!あこがれの鶴田玲美を上回る「日本選手権でメダル取りたい」春から福岡大へ/JAG大崎

2024.02.25

山形愛羽 室内日本最高の11秒77!あこがれの鶴田玲美を上回る「日本選手権でメダル取りたい」春から福岡大へ/JAG大崎

◇2024Japan Athlete Games in Osaki(2月25日/鹿児島ジャパンアスリートトレーニングセンター大隅) 国内最大級の陸上競技専門の室内トレーニング施設を舞台に、国内唯一の室内100m公認レース […]

NEWS 豊田兼が60mHで7秒70!日本歴代9位タイでシーズンイン「ハードル2種目でパリを目指したい」/JAG大崎

2024.02.25

豊田兼が60mHで7秒70!日本歴代9位タイでシーズンイン「ハードル2種目でパリを目指したい」/JAG大崎

◇2024Japan Athlete Games in Osaki(2月25日/鹿児島ジャパンアスリートトレーニングセンター大隅) 国内最大級の陸上競技専門の室内トレーニング施設を舞台に、国内唯一の室内100m公認レース […]

NEWS 男子は山口智規が29分16秒で優勝!井川龍人との早大現役・OBラスト勝負を制す/日本選手権クロカン

2024.02.25

男子は山口智規が29分16秒で優勝!井川龍人との早大現役・OBラスト勝負を制す/日本選手権クロカン

◇第107回日本選手権クロスカントリー(2月25日/福岡・海の中道海浜公園) 世界クロスカントリー選手権(3月30日/セルビア・ベオグラード)の代表選考会を兼ねた第107回日本選手権クロスカントリーが行われ、男子(10k […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年1月号 (12月14日発売)

2024年1月号 (12月14日発売)

豪華付録!
箱根駅伝ガイド、高校駅伝展望

page top