月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

女子35km競歩・園田世玲奈が2時間45分09秒の日本最高タイム フィニッシュ寸前で入賞逃すも「来年以降につながる結果」/世界陸上


◇オレゴン世界陸上(7月15日〜24日/米国・オレゴン州ユージン)8日目

オレゴン世界陸上8日目のモーニングセッションに行われた新種目の女子35km競歩。世界大会初出場の園田世玲奈(NTN)が、自身の持つ日本最高記録(2時間45分48秒)を上回る2時間45分09秒で9位に入る健闘を見せた。

今大会から新たな種目として採用された35km競歩には41人が出場。「設定ペースより少し速かったですが、いい感覚で歩くことができました」と話した園田は、5kmから4位グループの中でレースを進め、一時は集団を牽引して集団の人数を絞るなど積極的なレースを展開した。

集団にいたラクエル・ゴンザレス(スペイン)が23km過ぎにペースを上げ、グループがばらけると、園田は1kmを4分40秒のペースをキープ。順位を下げながらも30kmまでは7位と入賞圏内を歩いた。

しかし、32kmを過ぎてから疲労からフォームが小さくなりスピードが鈍ると、後ろから上がってきた李毛措(中国)にかわされて8位に。さらに、残り400mを切って追い上げきたヴィヴィアン・ライラ(ブラジル)にも抜かれ、7秒差で入賞を逃した。

それでも園田は「9位はとても悔しいですが、来年以降につながる良い経験ができました」と晴れやかな表情。「この経験を糧に、人としても競技者としても成長し、来年のブダペスト世界選手権や2年後のパリ五輪でも代表の座をつかめるように準備したいです」としっかりと前を見据えていた。

優勝争いは大会初日の20km競歩でペルー勢として初の金メダルを獲得したキンバリー・ガルシア・レオンが2時間39分16秒で2種目制覇の偉業。2位のカタジナ・ズジェブウォ(ポーランド)、3位の切陽什姐(中国)と上位3位は20km競歩とまったく同じ順位となった。

o

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com