月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

新種目の女子35km競歩で園田世玲奈が9着フィニッシュ!初代表で大健闘の歩き/世界陸上


◇オレゴン世界陸上(7月15日〜24日/米国・オレゴン州ユージン)8日目

オレゴン世界陸上8日目のモーニングセッションに行われた女子35km競歩。今大会からの新種目に日本からただひとり出場した園田世玲奈(NTN)が2時間45分09秒の9着でフィニッシュした。

大会初日の20km競歩でメダルを獲得したキンバリ-・ガルシア・レオン(ペルー)、カタジナ・ズジェブウォ(ポーランド)、切陽什姐(中国)の3人が2kmで抜け出すなか、7km付近から4位集団でレースを進めた園田。

23km付近で4位集団がばらけ、順位を落としながらも残り400mまで入賞圏内の8番手を死守。しかし、ゴール寸前にヴィヴィアン・ライラ(ブラジル)にかわされ9番目でのフィニッシュとなった。それでも、4月の全日本競歩輪島大会で出した2時間45分48秒を上回る日本最高記録で35kmを歩ききった。

競歩種目は全選手のフィニッシュ後に歩型判定の最終確認が行われ、失格がなければ順位が確定する。

o

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com