HOME 国内、世界陸上、日本代表
予選突破狙うやり投のディーン元気&小椋健司、5000mの遠藤ら 夜は女子35km競歩に園田が登場/世界陸上Day7午後→Day8午前みどころ
予選突破狙うやり投のディーン元気&小椋健司、5000mの遠藤ら 夜は女子35km競歩に園田が登場/世界陸上Day7午後→Day8午前みどころ

写真右©フォート・キシモト

陸上競技の世界ナンバーワンを決める世界陸上競技選手権(以下、世界選手権)が7月15日から7月24日までの10日間、米国・オレゴン州ユージンのヘイワード・フィールドで行われている。

広告の下にコンテンツが続きます

Day7の午後セッションで最初に登場する日本勢は日本時間22日9時05分(以下文中は日本時間)からの男子やり投予選A組だ。ここには2012年のロンドン五輪以来の国際大会代表となるディーン元気(ミズノ)が登場する。

10年ぶりに日本選手権を制し、ワールドランキングにて出場資格を得たディーンは、予選通過ライン(83m50)を上回る84m28の自己記録を持つ。今季ベストは82m18にとどまっているものの、持てる力をすべて発揮できれば、ロンドン五輪以来の決勝進出が見えてくる。

1時間30分後に行われるB組には日本選手権2位の小椋健司(栃木県スポ協)がエントリー。2017年のユニバーシアード(9位)以来の日本代表で、世界選手権出場は初。まずは自己記録(81m63)を更新し、少しでも予選通過ラインに近づきたいところだ。

9時10分から始まるトラック最初の競技、女子800m予選には田中希実(豊田自動織機)が出場。初日の1500m予選、翌日の準決勝、昨日の5000m予選に続く3種目め挑戦となり、蓄積された疲労は計り知れない。田中は「準決勝のことを考えずに楽しみたい」と話す。翌日に控える5000m決勝も含め、22歳の真夏の大冒険もいよいよ終盤戦だ。

広告の下にコンテンツが続きます

10時10分からは男子5000m予選がスタートし、日本からは2組目に遠藤日向(住友電工)が登場する。日本勢はこの種目で苦戦を強いられており、過去最高成績は1983年ヘルシンキ大会の井手健司(九州電工)による準決勝13着。87年大会で準決勝が廃止されて以降は、一人も予選を突破できた選手はいない。

決勝進出には組5着に入るか、6着以降でタイム上位5人に入る必要がある。予選2組にエントリーしている21人中、遠藤のシーズンベストは12番目。まずは海外勢の激しいペース変動に耐え、100%のパフォーマンスを発揮できるかが予選突破のカギを握る。

午後セッションのトリを飾るのは男女200m決勝。男女100mではそれぞれ米国とジャマイカがメダルを独占しており、男子は前回覇者のノア・ライルズ(米国)、女子は100m銀メダルで準決勝トップタイム(21秒67)のシェリカ・ジャクソン(ジャマイカ)に注目が集まる。

Day8の午前セッションでは新種目となる女子35km競歩が日本時間22日22時15分から始まる。

広告の下にコンテンツが続きます

日本勢からは園田世玲奈(NTN)が出場する。22日朝時点でスタートリストは発表されていないものの、園田が4月にマークした2時間45分48秒は今季世界9位(そのうち園田より上にいる3人は今大会出場していないロシア勢)。中国、エクアドル、スペインなど競歩強豪国がチーム戦で立ちはだかることを考えると、まずは8位入賞がターゲットとなる。

写真右©フォート・キシモト 陸上競技の世界ナンバーワンを決める世界陸上競技選手権(以下、世界選手権)が7月15日から7月24日までの10日間、米国・オレゴン州ユージンのヘイワード・フィールドで行われている。 Day7の午後セッションで最初に登場する日本勢は日本時間22日9時05分(以下文中は日本時間)からの男子やり投予選A組だ。ここには2012年のロンドン五輪以来の国際大会代表となるディーン元気(ミズノ)が登場する。 10年ぶりに日本選手権を制し、ワールドランキングにて出場資格を得たディーンは、予選通過ライン(83m50)を上回る84m28の自己記録を持つ。今季ベストは82m18にとどまっているものの、持てる力をすべて発揮できれば、ロンドン五輪以来の決勝進出が見えてくる。 1時間30分後に行われるB組には日本選手権2位の小椋健司(栃木県スポ協)がエントリー。2017年のユニバーシアード(9位)以来の日本代表で、世界選手権出場は初。まずは自己記録(81m63)を更新し、少しでも予選通過ラインに近づきたいところだ。 9時10分から始まるトラック最初の競技、女子800m予選には田中希実(豊田自動織機)が出場。初日の1500m予選、翌日の準決勝、昨日の5000m予選に続く3種目め挑戦となり、蓄積された疲労は計り知れない。田中は「準決勝のことを考えずに楽しみたい」と話す。翌日に控える5000m決勝も含め、22歳の真夏の大冒険もいよいよ終盤戦だ。 10時10分からは男子5000m予選がスタートし、日本からは2組目に遠藤日向(住友電工)が登場する。日本勢はこの種目で苦戦を強いられており、過去最高成績は1983年ヘルシンキ大会の井手健司(九州電工)による準決勝13着。87年大会で準決勝が廃止されて以降は、一人も予選を突破できた選手はいない。 決勝進出には組5着に入るか、6着以降でタイム上位5人に入る必要がある。予選2組にエントリーしている21人中、遠藤のシーズンベストは12番目。まずは海外勢の激しいペース変動に耐え、100%のパフォーマンスを発揮できるかが予選突破のカギを握る。 午後セッションのトリを飾るのは男女200m決勝。男女100mではそれぞれ米国とジャマイカがメダルを独占しており、男子は前回覇者のノア・ライルズ(米国)、女子は100m銀メダルで準決勝トップタイム(21秒67)のシェリカ・ジャクソン(ジャマイカ)に注目が集まる。 Day8の午前セッションでは新種目となる女子35km競歩が日本時間22日22時15分から始まる。 日本勢からは園田世玲奈(NTN)が出場する。22日朝時点でスタートリストは発表されていないものの、園田が4月にマークした2時間45分48秒は今季世界9位(そのうち園田より上にいる3人は今大会出場していないロシア勢)。中国、エクアドル、スペインなど競歩強豪国がチーム戦で立ちはだかることを考えると、まずは8位入賞がターゲットとなる。

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.02.29

第103回関東インカレは5/9~12に国立競技場で開催!全日本大学駅伝選考会は6月23日相模原で

関東学生陸上競技連盟は2024年度の競技会スケジュールを公開した。 第103回関東学生対校選手権(関東インカレ)は5月9日から12日の4日間、東京・国立競技場で行われる。国立開催は2年ぶりとなる。 広告の下にコンテンツが […]

NEWS 棒高跳のファビアン・シュルツ氏が39歳で他界 06年世界室内4位など欧州の一線級で活躍

2024.02.29

棒高跳のファビアン・シュルツ氏が39歳で他界 06年世界室内4位など欧州の一線級で活躍

男子棒高跳で活躍したファビアン・シュルツェ氏(ドイツ)が2月25日、39歳の若さで病気のためゾントホーフェンで亡くなったことがわかった。 1984年3月生まれ。ジュニア時代から活躍し、2003年欧州ジュニア選手権3位、0 […]

NEWS 2025年東京世界陸上からファイナルが9人制へ!準決勝は各組3人が突破か

2024.02.29

2025年東京世界陸上からファイナルが9人制へ!準決勝は各組3人が突破か

世界陸連(WA)の理事会は英国・グラスゴーで開かれ、世界選手権のトラック種目についての変更点を承認した。 世界選手権のトラック種目のうち、スプリントから800mまでのレースにおいて、準決勝と決勝で9レーン(利用可能な競技 […]

NEWS 2025年以降の世界陸上を秋開催へ シーズン再編でクライマックスにする方針

2024.02.29

2025年以降の世界陸上を秋開催へ シーズン再編でクライマックスにする方針

世界陸連(WA)は英国・グラスゴーで理事会を開き、2025年から夏季シーズンを再編すると発表した。 現在の主要カレンダーは、4月からダイヤモンドリーグやコンチネンタルツアーが本格化し、6月あたりに各国選手権が開催。主催す […]

NEWS 2027年世界陸上開催地は中国・北京に!15年以来2度目の実施で、25年東京に続く連続アジア開催に

2024.02.29

2027年世界陸上開催地は中国・北京に!15年以来2度目の実施で、25年東京に続く連続アジア開催に

世界陸連は2月28日、理事会を英国・グラスゴーで実施し、2027年の世界陸上開催地に中国・北京を選出した。 当地は2015年にも開催しており、12年ぶり2度目。2025年は東京で行われることが決まっており、2大会連続のア […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年1月号 (12月14日発売)

2024年1月号 (12月14日発売)

豪華付録!
箱根駅伝ガイド、高校駅伝展望

page top