月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

初マラソン日本最高記録保持者の星岳 力不足認め「次は入賞やメダルを目指したい」/世界陸上


◇オレゴン世界陸上(7月15日~24日/米国・オレゴン州ユージン)3日目

オレゴン世界陸上3日目のモーニングセッションに行われた男子マラソン。初の日本代表で出場した星岳(コニカミノルタ)は2時間13分46秒で38位だった。

先頭集団の後方でレースを進めた星。しかし、小刻みなスピード変化でペースが安定しない。レース中盤は1kmのラップが3分10秒近い時もあれば、2分55秒まで上がることも。給水の前後でも急激なペースチェンジがあった。それが星のスタミナを徐々に奪っていく。「給水でのペース変動に序盤は対応できたが、体力を使って後半は響きました」。

約30人の集団から28km過ぎで脱落。その後はペースが上がらず、苦しいレースとなってしまった。

「チャレンジできた部分はあったけど、全然力不足。最後は身体が動かず、まだまだだったかなと思います。自分の立ち位置がわかりました」

日本記録保持者の鈴木健吾(富士通)が新型コロナウイルスの陽性反応で欠場。出場選手62人中、最年少23歳の星は、西山雄介(トヨタ自動車)と2人で戦った。その西山には13位と先着され、「西山選手と比較してもまだまだ力不足だと感じました」と語る。

宮城・明成高から進んだ帝京大で飛躍。2年時の箱根駅伝では10区で区間賞を獲得し、4年時には主将を務めた。2021年春に実業団入りすると、今年2月の大阪マラソン・びわ湖毎日マラソン統合大会を初マラソン日本最高となる2時間7分31秒で優勝。オレゴン世界選手権日本代表に選ばれた。

2度目のマラソンは世界一を決める大舞台。「成果を残せず、期待していただいた方には申し訳ない」と話しつつも「日本代表として向き合っていた時間は、自分にとってプラス。今後につながる経験」と前を向いた。

星は「マラソンはまだ2回しか走っていないけど、2回とも内容が濃いレース」と話す。今後に向けて「次こそは入賞やメダルを目指せるように取り組んでいきたいです」と、いっそうの輝きを放つことを誓った。

o

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com