月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

伊藤達彦 10000mで28分57秒85の22位「世界と国内ではまだまだ差がある」/世界陸上


◇オレゴン世界陸上(7月15日〜24日/米国・オレゴン州ユージン)3日目

オレゴン世界陸上3日目のモーニングセッションに行われた男子10000m決勝。伊藤達彦(Honda)が昨年の東京五輪に続いて2度目の世界へ挑戦した。

1周目が66秒とかなりのスローペースでスタート。伊藤は序盤で集団の後方についていた。だが、5000m手前で集団から離されるとどんどん前との差が開いていく。

今大会はワールドランキングによる追加代表で、急遽の出場となり「調整できていなかった部分もあった」。それでも最後まで粘りを見せて残り2周で順位を2つあげると、28分57秒85の22位でフィニッシュした。

5月の日本選手権10000mでは27分47秒40で2位。その後は参加標準記録突破を目指して海外でレースを踏んでおり、「参加標準記録を切ることに100%力を使い切ってしまってはベストコンディションで大会に臨めない」と、記録を切ることに力を注ぐと本番で戦えないことを改めて痛感した。

「日本選手権後は5000mに向けた練習をしていた」とこともあって10000mに対応できず。「世界と国内ではまだまだ差がある」と現状を重く受け止めていた。

o

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com