月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

1500mで河村一輝3分37秒08 森田佳祐が日本歴代6位の3分37秒36 小林歩が5000m13分23秒41/ホクレンDC千歳


◇ホクレン・ディスタンスチャレンジ千歳大会

ホクレン・ディスタンスチャレンジ(DC)の最終第5戦となる千歳大会が7月13日、北海道・千歳市青葉陸上競技場で行われ、男子1500mAは日本記録(3分35秒42)保持者の河村一輝(トーエネック)がセカンドベストの3分37秒08で優勝。森田佳祐(SUBARU)が日本歴代6位の3分37秒36で2位に入った。

さらに、3分38秒35で3位の飯島陸斗(阿見AC)、3分39秒01で4位の野口雄大(トーエネック)までが3分40秒切り。2人とも自己ベストだった。

男子5000mAでは小林歩(NTT西日本)が自己ベストの13分23秒41で日本人トップの3位。13分27秒56で4位の田村和希(住友電工)、13分29秒21で6位の石原翔太郎(東海大)もそれぞれ自己新をマークした。

女子5000mAは木村友香(資生堂)が15分14秒21で日本人トップの3位。4位には加世田梨花(ダイハツ)が15分15秒03、5位は安藤友香(ワコール)が15分17秒15でいずれも自己新だった。東京五輪マラソン代表の前田穂南(天満屋)が自己ベストの15分26秒39で8位だった。

女子3000mAではケニア人留学生のカリバ・カロライン(神村学園高2鹿児島)が、自身の持つ高校国内国際最高記録を2秒34更新する8分43秒13をマークして優勝。3位にはチームメイトの田島愛梨(3年)が自己新の9分14秒00で入った。

女子1500mは、後藤夢(豊田自動織機)が2週間前の士別大会で出した自己ベストに0.09秒と迫る4分09秒50で制覇。女子600mは塩見綾乃(岩谷産業)が1分28秒06で優勝した。

男子800mAは根本大輝(順大)が1分47秒31で優勝。男子3000m障害は滋野聖也(プレス工業)が8分35秒80で制し、3位の村尾雄己(東海大)はU20日本歴代5位の8分41秒64をマークした。

o

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com