月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

女子3000m障害予選 山中柚乃が10分18秒18で14着 決勝進出はならず/世界陸上


◇オレゴン世界陸上(7月15日~24日/米国・オレゴン州・ユージン)2日目

オレゴン世界陸上2日目のモーニングセッションに行われた女子3000m障害予選。日本歴代2位の記録を持つ山中柚乃(愛媛銀行)が1組に出場し、10分18秒18の14着で予選敗退となった。

昨年の東京五輪に続く世界大会出場となった山中は、最初の1000mの通過が3分を切るペースにつくことができず苦しい走りに。2000mが6分45秒とペースは上がらず、自己記録から大きく遅れてのフィニッシュとなった。

1組はケニアから国籍を変更したノア・ジェルト(カザフスタン)が9分01秒54の好タイムで決勝に駒を進めた。

o

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com