月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

男子100m・サニブラウンが9秒98!!堂々の1着通過「明日につながるものすごくいいレース」/世界陸上

◇オレゴン世界陸上(7月15日〜24日/米国・オレゴン州ユージン)1日目

オレゴン世界陸上初日のイブニングセッションに行われた男子100m予選。最終7組に出場したサニブラウン・アブデル・ハキーム(タンブルウィードTC)は、自身3度目の9秒台となる9秒98(-0.3)で堂々の1着通過。3大会連続の準決勝進出を決めた。

「しっかりスタート出られたので、中盤までしっかりと作って後半スッと抜けられた。良かった。明日につなげられるものすごいいいレースだった」

20年にヘルニアを患い、その後は神経痛に悩まされて昨年の東京五輪は200mのみの出場(予選敗退)と不本意なシーズンを送った。

しかし、今季は日本選手権を3年ぶりに制するなど復調。前日本記録でもある自己ベストにあと0.01秒と迫るセカンドベストと、4大会連続の世界選手権にしっかりとコンディションを合わせてきた。

17年ロンドン大会はスタート直後にバランスを崩して失速、19年ドーハ大会はスタートのピストル音が聞こえづらくて反応が遅れ、ファイナル進出を逃している。

悲願のファイナル進出へ――。準決勝は16日午前10時(日本時間)、決勝は同日午前11時50分に行われる。

●男子100m日本歴代10傑+9秒台全パフォーマンス
9.95 2.0 山縣 亮太(セイコー)          2021. 6. 6
9.97 0.8 サニブラウン・A・ハキーム(フロリダ大) 2019. 6. 7
9.98 1.8 桐生 祥秀(東洋大4)          2017. 9. 9
9.98 -0.3  サニブラウン 2             2022. 7.15 NEW
9.98 0.5 小池 祐貴(住友電工)          2019. 7.20
9.99 1.8   サニブラウン 3             2019. 5.11
10.00 1.9 伊東 浩司(富士通)           1998.12.13
10.01 2.0 多田 修平(住友電工)          2021. 6. 6
10.02 2.0 朝原 宣治(大阪ガス)          2001. 7.13
10.02 1.1 坂井隆一郎(大阪ガス)          2022. 6.26
10.03 1.8 末續 慎吾(ミズノ)           2003. 5. 5
10.03 1.0 ケンブリッジ飛鳥(Nike)         2020. 8.29

o

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com