月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

男子100m予選で全米王者・カーリーが9秒79!19歳のテボゴが9秒94のU20世界新/世界陸上

◇オレゴン世界陸上(7月15日〜24日/米国・オレゴン州ユージン)1日目

オレゴン世界陸上初日のイブニングセッションに行われた男子100m予選。2組目に登場した全米選手権覇者のフレッド・カーリー(米国)が9秒79(-0.1)で1着となり、世界選手権の予選では史上最速タイムで準決勝に駒を進めた。

カーリーは元々ロングスプリントで頭角を現し、3年前のドーハ大会は400mで銅メダルを獲得。昨年から100mに転向すると、東京五輪では銀メダルを獲得し、今季は世界歴代6位タイの9秒76までタイムを短縮していた。

今大会では100mのほか、19秒76を持つ200mとの2種目制覇を目指す。

また、予選5組では19歳のレツィル・テボゴ(ボツワナ)が9秒94(+1.1)で自身の持つU20世界記録を0.02秒更新。昨年のU20世界選手権で100m優勝、200m2位の実績を持つテボゴは、今年4月にトレイボン・ブロメル(米国)の持つU20世界記録を更新する9秒96を出していたが、大舞台でさらに更新した。

o

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com