月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

男子100m予選・坂井隆一郎が3組3着で準決勝進出!「準決勝で9秒台を出したい」

◇オレゴン世界陸上(7月15日~24日/米国・オレゴン州・ユージン)1日目

オレゴン世界陸上初日のイブニングセッションに行われた男子100m予選。4組に出場した坂井隆一郎(大阪ガス)は10秒12で3着となり準決勝進出を決めた。

東京五輪金メダリストのラモント・マルセル・ジェイコブス(イタリア)と同組となった坂井は、得意のスタートで飛び出し、中盤でジェイコブスとオビク・セヴィル(ジャマイカ)らに抜かれたものの、着順の3着を守った。

坂井は「世界のレベルの高い中で戦えるのが楽しみだった。(ジェイコブスら強豪選手がいたが)自分の走りに集中しようと思った」とコメント。明日の準決勝に向けては「9秒台を出したい」とさらなる高みを見据えた。

o

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com