月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

徳島インターハイのスタートリストが発表! 女子棒高跳の高校記録保持者・村田蒼空は大会4日目に登場

全国高体連は8月3日から7日まで徳島・鳴門総合運土公園競技場(鳴門・大塚スポーツパークポカリスエットスタジアム)で開催される全国高校総体(インターハイ)のスタートリストを公開した。

男子100mは予選1組に近畿大会覇者の大石凌功(洛南3京都)と南関東1位の髙須楓翔(成田3千葉)と、激戦地区を勝ち抜いた選手が出場。2組には今季高校最高の10秒37を2度マークしている北信越大会優勝の関口裕太(東京学館新潟3)が登場し、昨年のU18大会を制している片原一輝(富山商3)は5組にエントリーされた。

男子400mでは今季46秒台をマークし、自己記録ランキングで1位、2位につける冨永湧平(東福岡3)と長葭遥斗(浜松開誠館3静岡)が予選5組で並ぶ展開に。女子100mでも予選から激しいぶつかり合いが予想され、4組では6月のU20日本選手権を制した小松このみ(安城学園3愛知)、同2位の山形愛羽(熊本中央2)、昨年インターハイ5位の坂本実南(和歌山北2)、11秒90を持つ清水彩加(四日市商2三重)と実力者がそろい踏みした。昨年のU18大会優勝で11秒58のベストを持つ藏重みう(中京大中京3)は最終8組にエントリーされている。

女子棒高跳で高校記録を4m16まで引き上げた村田蒼空(前橋女3群馬)、男子三段跳で高校歴代4位タイの15m84を持つ宮尾真仁(洛南3京都)は、ともに大会4日目に登場。高校歴代6位タイの13秒46を持ち、U20日本選手権を制した林美希(中京大中京2愛知)ら、ハイレベルな戦いが予想される女子100mハードルは大会最終日に予選、準決勝、決勝が行われる。

なお、一部選手はインターハイと同時期に開催されるU20世界選手権(8/1~8/6、コロンビア・カリ)に出場する予定。

o

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com