HOME 高校

2022.07.10

徳島インターハイのスタートリストが発表! 女子棒高跳の高校記録保持者・村田蒼空は大会4日目に登場
徳島インターハイのスタートリストが発表! 女子棒高跳の高校記録保持者・村田蒼空は大会4日目に登場

全国高体連は8月3日から7日まで徳島・鳴門総合運土公園競技場(鳴門・大塚スポーツパークポカリスエットスタジアム)で開催される全国高校総体(インターハイ)のスタートリストを公開した。

広告の下にコンテンツが続きます

男子100mは予選1組に近畿大会覇者の大石凌功(洛南3京都)と南関東1位の髙須楓翔(成田3千葉)と、激戦地区を勝ち抜いた選手が出場。2組には今季高校最高の10秒37を2度マークしている北信越大会優勝の関口裕太(東京学館新潟3)が登場し、昨年のU18大会を制している片原一輝(富山商3)は5組にエントリーされた。

男子400mでは今季46秒台をマークし、自己記録ランキングで1位、2位につける冨永湧平(東福岡3)と長葭遥斗(浜松開誠館3静岡)が予選5組で並ぶ展開に。女子100mでも予選から激しいぶつかり合いが予想され、4組では6月のU20日本選手権を制した小松このみ(安城学園3愛知)、同2位の山形愛羽(熊本中央2)、昨年インターハイ5位の坂本実南(和歌山北2)、11秒90を持つ清水彩加(四日市商2三重)と実力者がそろい踏みした。昨年のU18大会優勝で11秒58のベストを持つ藏重みう(中京大中京3)は最終8組にエントリーされている。

女子棒高跳で高校記録を4m16まで引き上げた村田蒼空(前橋女3群馬)、男子三段跳で高校歴代4位タイの15m84を持つ宮尾真仁(洛南3京都)は、ともに大会4日目に登場。高校歴代6位タイの13秒46を持ち、U20日本選手権を制した林美希(中京大中京2愛知)ら、ハイレベルな戦いが予想される女子100mハードルは大会最終日に予選、準決勝、決勝が行われる。

なお、一部選手はインターハイと同時期に開催されるU20世界選手権(8/1~8/6、コロンビア・カリ)に出場する予定。

広告の下にコンテンツが続きます
全国高体連は8月3日から7日まで徳島・鳴門総合運土公園競技場(鳴門・大塚スポーツパークポカリスエットスタジアム)で開催される全国高校総体(インターハイ)のスタートリストを公開した。 男子100mは予選1組に近畿大会覇者の大石凌功(洛南3京都)と南関東1位の髙須楓翔(成田3千葉)と、激戦地区を勝ち抜いた選手が出場。2組には今季高校最高の10秒37を2度マークしている北信越大会優勝の関口裕太(東京学館新潟3)が登場し、昨年のU18大会を制している片原一輝(富山商3)は5組にエントリーされた。 男子400mでは今季46秒台をマークし、自己記録ランキングで1位、2位につける冨永湧平(東福岡3)と長葭遥斗(浜松開誠館3静岡)が予選5組で並ぶ展開に。女子100mでも予選から激しいぶつかり合いが予想され、4組では6月のU20日本選手権を制した小松このみ(安城学園3愛知)、同2位の山形愛羽(熊本中央2)、昨年インターハイ5位の坂本実南(和歌山北2)、11秒90を持つ清水彩加(四日市商2三重)と実力者がそろい踏みした。昨年のU18大会優勝で11秒58のベストを持つ藏重みう(中京大中京3)は最終8組にエントリーされている。 女子棒高跳で高校記録を4m16まで引き上げた村田蒼空(前橋女3群馬)、男子三段跳で高校歴代4位タイの15m84を持つ宮尾真仁(洛南3京都)は、ともに大会4日目に登場。高校歴代6位タイの13秒46を持ち、U20日本選手権を制した林美希(中京大中京2愛知)ら、ハイレベルな戦いが予想される女子100mハードルは大会最終日に予選、準決勝、決勝が行われる。 なお、一部選手はインターハイと同時期に開催されるU20世界選手権(8/1~8/6、コロンビア・カリ)に出場する予定。

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.02.29

グラスゴー世界室内がいよいよ開幕!多田修平、田中希実らがファイナル目指す メダルなれば日本勢27年ぶり

3月1日から3日まで、英国・グラスゴーで世界室内選手権が開催される。日本からは男子4名、女子4名の8人が出場する。 男子60mには多田修平(住友電工)と東田旺洋(関彰商事)が出場。多田はアジア室内選手権の予選で6秒53の […]

NEWS パリ五輪マラソン代表3枠目は誰の手に!?最後の大一番・東京マラソンに鈴木健吾、服部勇馬、山下一貴らが挑む

2024.02.29

パリ五輪マラソン代表3枠目は誰の手に!?最後の大一番・東京マラソンに鈴木健吾、服部勇馬、山下一貴らが挑む

アボット・ワールドマラソンメジャーズの一つ、東京マラソン2024が3月3日に行われる。 JMCシリーズGSで、パリ五輪代表選考会マラソングランドチャピオンシップ(MGC)ファイナルチャレンジの男子ラストレース。つまり、こ […]

NEWS 【学生長距離Close-upインタビュー】マラソンで花開いた早大・伊福陽太「早稲田の歴史に名前を残せてうれしい」

2024.02.29

【学生長距離Close-upインタビュー】マラソンで花開いた早大・伊福陽太「早稲田の歴史に名前を残せてうれしい」

学生長距離Close-upインタビュー 伊福陽太 Ifuku Yota 早稲田大学3年 「月陸Online」限定で大学長距離選手のインタビューをお届けする「学生長距離Close-upインタビュー」。36回目は、早大の伊福 […]

NEWS 【第100回箱根駅伝】出場全230人の証言~日体大~漆畑徳輝「古豪復活を絶対にできる」山口廉「必ず2区でリベンジ」

2024.02.29

【第100回箱根駅伝】出場全230人の証言~日体大~漆畑徳輝「古豪復活を絶対にできる」山口廉「必ず2区でリベンジ」

記念すべき第100回目の箱根駅伝に出場した23チームの、出走全230人にアンケートを実施。出走した選手たちの声を刻みます! 【アンケート項目】 (1)大会を終えての感想、コースの攻略法など (2)今だから話せる裏話 (3 […]

NEWS マラソンの川内 待望のGarminアンバサダーに就任! パリ五輪補欠の可能性は「ニュートラルな気持ちで待つ」

2024.02.29

マラソンの川内 待望のGarminアンバサダーに就任! パリ五輪補欠の可能性は「ニュートラルな気持ちで待つ」

プロランナーの川内優輝(あおいおニッセイ同和損保、36歳)が29日、都内で行われたイベントに参加し、近況などを語った。 脚の故障で前週の大阪マラソンなどを欠場しており、「10日間ほど休んでジョグは始めていますが、スピード […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年1月号 (12月14日発売)

2024年1月号 (12月14日発売)

豪華付録!
箱根駅伝ガイド、高校駅伝展望

page top