月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

新潟大が3年ぶり13回目の本大会出場決める/全日本大学駅伝北信越地区選考会

第54回全日本大学駅伝北信越地区代表選考会が7月9日、長野市陸上競技場で行われ、新潟大が3年ぶり13回目の本大会の出場権を手にした。

トラックの10000mレースを3組実施し、各大学の上位8人の合計タイムで競った。新潟大は2組2位に入った渡邊真大の31分59秒38を筆頭に、チーム2、3番手も32分10秒切り。チーム内7番目まで32分台でフィニッシュした。前回まで2年連続で出場して信州大は2組で出場した松林直亮が全体トップの31分36秒44をマークしたものの、合計タイムでは新潟大に1分09秒余り届かなかった。

全日本大学駅伝は11月6日、愛知県名古屋市の熱田神宮から三重県伊勢市の伊勢神宮までの8区間106.8kmのコースで行われる。

■全日本大学駅伝北信越地区選考会 総合成績
1位 新潟大  4時間19分59秒18
—以上、本大会出場—
2位 信州大  4時間21分08秒33
3位 新潟医療福祉大  4時間25分56秒88
4位 富山大  4時間26分32秒50
5位 金沢大  4時間53分47秒49
   金沢工大 総合記録なし 

o

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com