月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

米国の世界選手権代表151人が決定! 男子100mはコールマンら強力メンバー フェリックスが最後の舞台へ


今月15日から24日に米国・オレゴン州で開催される世界選手権の米国代表151人が発表された。

かつては“陸上王国”を誇ったものの、近年はカリブ海諸国や欧州勢に押され、昨年の東京五輪では個人スプリントでの金メダルが0と苦戦を強いられた米国。しかし、初の母国開催となる世界選手権で王国復活を目指して、強力なメンバーを選出した。

注目の男子100mは19年ドーハ世界選手権で優勝したC.コールマンに加え、東京五輪銀メダルのカーリー、15年北京世界選手権銅のT.ブロメル、9秒85のベストを持つM.ブレイシーが選ばれた。

優勝だけでなく記録も期待されるのが、全米選手権女子400mハードルで51秒41の世界記録を樹立したS.マクラフリンと、男子砲丸投で世界記録(23m37)保持者のR.クルーザーの2人。ともに東京五輪に続く優勝を狙う。

男子100mのコールマンのほか、N.ライルズ(男子200m)、D.ブレイジャー(男子800m)、G.ホロウェイ(男子110mハードル)、C.テイラー(男子三段跳)、J.コバクス(男子砲丸投)、N.アリ(女子100ハードル)、D.ムハンマド(女子400mハードル)、D.プライス(女子ハンマー投)の9選手が前回優勝者として出場する。また、V.オールマン(女子円盤投)、M.チェリー(男子400m)、M.ユーウェン(女子砲丸投)の3選手は昨年のダイヤモンドリーグ年間優勝により出場権を獲得した。女子七種競技のK.ウィリアムズはWA(世界陸連)混成ツアーでの優勝によって出場権を得ている。上記13種目では同国から4選手がエントリーすることとなった。

女子800mは東京五輪金のA.ムーとA.ウィルソン、R.ロジャースが代表に。男子200mはライルズのほか、昨年U18世界記録(20秒11)を樹立し、今季は19秒49をマークしているE.ナイトン、F.カーリー、K.ベドナレクが出場予定で、両種目は今季のリストでも米国勢が上位を占めている。

また、これまで女子400mなどで大会最多14個の金メダルを獲得しているA.フェリックスは男女混合4×400mリレーのメンバーとして代表入り。今季限りでの引退を表明しており、地元で最後の勇姿を見せる。

o

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com