月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

上山紘輝、石川周平、新井凉平、君嶋愛梨沙、鶴田玲美、福部真子がエントリー 日本代表応援4×100mRも実施/南部記念


第35回南部忠平記念陸上競技大会が7月10日、北海道札幌市の厚別公園陸上競技場で行われる。このほどエントリーリストが発表され、日本選手権(6月9日~12日)で活躍した選手が参戦する。

男子では、200mに日本選手権王者で、6月25日の布勢スプリントも制した上山紘輝(住友電工)がエントリー。110mハードルには日本選手権3位の石川周平(富士通)のほか、同4位の髙橋佑輔(北海道ハイテクAC)らが名を連ねている。走高跳には日本選手権3位で並んだ赤松諒一(アワーズ)と長谷川直人(新潟アルビレックスRC)、昨年のインターハイ王者のチュクネレ・ジョエル優人(八千代松陰高3千葉)が出場する予定だ。ハンマー投には日本選手権Vの柏村亮太(ヤマダホールディングス)、やり投には新井凉平(スズキ)の名前もある。

女子では、100mに日本選手権Vの君嶋愛梨沙(土木管理総合)、200mには同3位の鶴田玲美(南九州ファミリーマート)がそれぞれエントリー。100mハードルには6月26日の布勢スプリントで日本歴代3位の12秒93をマークした福部真子(日本建設工業)や田中佑美(富士通)らが出場する見込みだ。また、日本選手権を制した走高跳の高橋渚(メイスンワーク)、棒高跳の竜田夏苗(ニッパツ)、ハンマー投の勝冶玲海(九州共立大)も参戦予定。

この他、日本代表応援レースとして非公認ながら4×100mリレーを実施。この種目では男女ともにオレゴン世界選手権(7月15日~24日)の出場権を得ている。

競技の合間には地元出身で女子100mと200mの日本記録保持者・福島千里さんの引退セレモニーが行われる。

o

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com