月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

男子5000mは高校生・吉岡大翔が大学生相手に堂々の優勝!「U20世界選手権を目指していたので勝ててうれしい」/U20日本選手権


◇第38回U20日本選手権(6月9日~12日/大阪・ヤンマースタジアム長居)

U20日本選手権男子5000mは、残り1000mから一気に仕掛けた吉岡大翔(佐久長聖高3長野)が13分54秒98で快勝した。

インターハイの地区大会直前ということもありこの種目では高校生で唯一の参加となった吉岡。「思った以上に序盤からスローペースだったので、ラスト勝負は避け、あのタイミングで前に出ました」と話すように、入りの1000mが2分54秒、続く2000mも5分44秒とペースが上がらず4000mを11分25秒で通過する直前にペースアップ。残り600mのところで、吉岡の仕掛けにただ一人反応した青木瑠郁(國學院大)に一旦前に出られたものの、再度残り1周でスパート。青木を置き去りにし、「持ちタイム(13分38秒96)もトップで、しっかり練習も積めていたので最後は自信がありました。U20世界選手権(コロンビア・カリ)の代表を目指していたので勝ててうれしい」と笑顔で話す。

トラックシーズンの最大の目標に8月のU20世界選手権を置く。「インターハイは昨年経験(6位・日本人2位)しているので、チャンスがあるのなら世界の強豪と戦いたい気持ち強い。高校卒業後も大学、実業団と競技を続けていくつもりで、将来、五輪や世界選手権など世界の選手と戦っていくためにも、1回でも多く世界の舞台を踏んでおきたかった」とインターハイ以上にU20世界選手権出場に思いを寄せてきた。

今回、大学生を破っての優勝で代表を引き寄せた。「出場できれば、その舞台で世界との差を少しでも縮められるようしっかり練習を積んで臨みたい」と抱負を話す吉岡。スローな展開だったとはいえ、残り1000mを2分30秒を切るタイムでカバーし、力のあるところを見せた。世界と戦う準備も整いつつある。

初の13分台となる13分59秒34をマークした青木が2位、14分04秒22で佐藤有一(青学大)が3位、13分43秒22のベストを持つ吉居駿恭(中大)は4位に終わった。

文/花木 雫

o

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com