月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

「ディフェンディングチャンピオンとして勝ちたかった」 遠藤日向が連覇で世界陸上内定を勝ち取る/日本選手権


◇第106回日本選手権(6月9日~12日/大阪・ヤンマースタジアム長居)1日目

男子5000mは遠藤日向(住友電工)が13分22秒13で優勝を飾り、今大会での世界選手権内定第1号となった。

5月4日のゴールデンゲームズinのべおかで、日本歴代2位となる13分10秒69をマークし、世界選手権の参加標準記録(13分13秒50)を突破していた遠藤。

「内定することが大事ですけど、ディフェンディングチャンピオンとして、勝つことも大事だと思っていました」と、今大会で3位以内に入れば内定条件を満たせていたが、見事に日本選手権2連覇で日本代表内定を決めた。

レースは、オープン参加の外国人選手に佐藤圭汰(駒大)、塩尻和也、松枝博輝(ともに富士通)が積極的についていき、序盤から縦長の展開に。遠藤はやや後方からスタートした。2000mで佐藤が後退。代わるようにじわじわと遠藤がポジションを上げ、3000mでは先頭集団は塩尻、松枝、遠藤の3人に。そして、4000mで松枝と遠藤の一騎討ちとなった。

「今回は、駆け引きのあるレースの中で勝つということがテーマでした。最後にどの選手が残っているかを考えて、臨機応変に対応しようと思っていました。松枝さんもラストに強い選手なので、ラスト2周から仕掛けました」

そう振り返るように、残り2周で先頭に立ちペースアップを図ると、じわりじわりと松枝を引き離しにかかった。ラスト1周では、ホームストレートで優勝を確信。「ゴールする前からうれしさが込み上げてきました」と、右手を高々と突き上げ、ガッツポーズでフィニッシュラインを駆け抜けた。

昨年の日本選手権は、念願の初優勝を果たしながらも参加標準記録を破れず、またワールドランキングでも届かず、東京五輪出場を逃していた。世界ユース選手権、U20世界選手権と各世代で世界大会を経験している遠藤にとって、ついに掴んだシニア日本代表の切符だった。

「現段階のポジションでは、世界陸上に出場する選手の中で僕は、下から数えたほうが早い。しっかり海外選手に食らいついて、決勝の舞台を目標にがんばりたいと思っています」

初の世界選手権にはチャレンジャーとして挑むつもりだ。

なお、2位には、昨夏の東京五輪代表の松枝、3位には清水歓太(SUBARU)が入った。駒大の注目のルーキー佐藤は17位だった。

文/和田悟志

o

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com