月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

Athlete Night Games in FUKUIが今年も開催決定 男子100mのほか男子やり投、女子走幅跳でナショナルレコードチャレンジを実施


福井陸協は8月20日に福井市の福井県営競技場(9.98スタジアム)で「Athlete Night Games in FUKUI」を開催することを発表した。「Athlete Night Games in FUKUI」は福井陸協が新たな試みとして、2019年からスタート。クラウドファンディングで資金を募り、それを選手への強化費として還元するなど、これまでにない形の競技会として行われている。

第1回大会となった2019年は男子走幅跳で橋岡優輝(富士通/当時・日大)と城山正太郎(ゼンリン)が日本記録の跳躍を見せ、男女のスプリントハードルでも日本記録が誕生。昨年も小池祐貴(住友電工)や桐生祥秀(日本生命)ら11人の東京五輪代表が出場し、好記録が誕生する真夏の陸上の祭典として定着しつつある。4回目となる今年も、男子100m、男子110mハードル、男子走幅跳、女子100m、女子100mハードルで招待レースを実施。また、日本記録に挑戦する「ナショナルレコードチャレンジ」の部も3年ぶりに設け、男子やり投と女子走幅跳で国内トップ選手の出場を見込んでいるという。

福井陸協では今年もクラウドファンディングを6月10日からスタート。フィールド内エリアでの観戦シートや、記念Tシャツなどのリターンが予定されている。

o

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com