月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

3連覇狙う中村明彦「攻めきる」七種・山﨑「チャレンジ」ヘンプヒル「とにかく勝つ」/日本選手権混成前日会見


写真/代表撮影

第106回日本選手権・混成競技を控える6月3日、舞台となる秋田で前日会見が行われた。

十種競技で3連覇が懸かる中村明彦(スズキ)は、「勝つことと、攻めきることがテーマ」と目標を掲げる。ポイントとして「1日目の3種目(100m、走幅跳、砲丸投)で良いスタートを切る」と挙げた。世界選手権の参加標準記録は8350点で、ワールドランキングを含めて出場は厳しい状況。「またあの舞台に戻れるようなきっかけにしたい」と今大会をステップに上昇していく構えだ。

7764点の自己記録を持つ田上駿(陸上競技物語)は、「自己ベスト更新と優勝すること」が目標。得意種目の走・跳で「他の選手と差を広げたい」と語る。

ハイレベルな争いが期待される七種競技。5連覇が懸かる日本記録(5975点)保持者の山﨑有紀(スズキ)は、「1年目のようにワクワク、ドキドキする気持ちで臨みたい」と笑顔を見せる。全体の得点を上げるために「1種目め(100mハードル)から良いスタートを切る」のがカギ。「自己記録を1点でも高くしていきたい」と意気込みを語った。

2年ぶり出場のヘンプヒル恵(アトレ)。前々回は優勝目前だったが6種目めのやり投で膝を痛め長期戦線離脱を強いられた。「日本選手権は勝負の試合。とにかく勝つことを意識したい」と、3連覇を達成した17年以来、5年ぶりの女王返り咲きを狙う。そのためには「得意種目で自己ベスト近くを出すことと、苦手な種目も穴なく」と語った。

社会人1年目の大玉華鈴(日体大SMG横浜)は「今年こそ大幅に自己ベストを更新して上位争いに加わりたいです」と言い、得意の走高跳などで得点の上積みを狙う。

10年間、長野で開催されてきた日本選手権混成。今年は初の秋田開催で雰囲気について各選手が「盛り上げようとしてくださっている」と言い、ヘンプヒルは「湿度も低くて記録が出るんじゃないかと思います」と笑顔を見える。中村は「海外のような開けた雰囲気。良い思い出にして帰れるようにしたいです」と話した。

大会の様子は両日ともライブ配信される。

●ライブ配信
1日目(6/4)

2日目(6/5)

o

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com