月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

男子走幅跳で津波響樹が7m87の大会新V 円盤投は幸長慎一56m44 女子200m齋藤愛美が制す/関西実業団


第66回関西実業団選手権の2日目は5月14日、徳島県鳴門市の鳴門・大塚スポーツパークポカリスエットスタジアムで行われ、男子走幅跳は津波響樹(大塚製薬)が大会新の7m87(+0.7)で優勝した。

津波は4回目に自身が昨年出した大会記録を1cm更新した。男子円盤投は幸長慎一(四国大職)が5投目に56m44をマーク。大会記録を5年ぶりに1m34更新した。

女子200mは大卒1年目の齋藤愛美(大阪成蹊学園職/大阪成蹊AC)が24秒04(+0.6)で快勝。男子200mは笠谷洸貴(四国学院クラブ)20秒76(+0.7)で制し、2位には400mが専門の伊東利来也(住友電工)が20秒81で続いた。

女子円盤投は辻川美乃利(内田洋行)がシーズンベストの52m74でV。女子棒高跳は那須眞由(KAGOTANI)が4m00で勝った。

o

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com