月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

阪口竜平、東田旺洋らがセイコーゴールデングランプリを棄権


日本陸連は5月6日、8日に行われるセイコーゴールデングランプリの欠場者を発表した。

男子3000m障害にエントリーしていた阪口竜平(On)はアキレス腱痛のため欠場。5月2日に国立競技場で行われた東京選手権3000m障害を8分46秒90で制していたが、出場を取り止めた。

男子100mの東田旺洋(栃木県スポ協)は3日の静岡国際200mのレース中に左脚大腿部を負傷。男子走幅跳のサモリ・フラガ(ブラジル)は体調不良のため棄権する。

男子100mの桐生祥秀(日本生命)、走幅跳の橋岡優輝(富士通)も欠場がすでに発表されている。

東京・国立競技場で開催されるセイコーゴールデングランプリは世界陸連コンチネンタルツアーのゴールドラベルの大会で、男子100mにはドーハ世界選手権金メダリストのクリスチャン・コールマン(米国)や、男子400mハードルで世界歴代2位の記録を持つライ・ベンジャミン(米国)など、海外から有力選手も出場する。

■5月6日発表の欠場者
男子100m 東田旺洋(栃木県スポ協)
男子3000m障害 阪口竜平(On)
男子走幅跳 サモリ・フラガ(ブラジル)

o

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com