月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

9月の杭州アジア大会の延期が決定 成都で開催予定のワールドユニバーシティゲームズも延期の見込み


今年9月に中国・杭州で開催が予定されていた、第19回アジア大会の延期が決定したと中国の国営メディアが報じた。

大会を主催するアジア・オリンピック評議会(OCA)が6日、ウズベキスタン・タシケントで理事会を開き、新型コロナウイルス感染症の影響で大会を延期することを決定した。延期時期は今後発表されるという。

中国では2月に北京冬季五輪が開催され、そのノウハウを活かしてアジア大会の実施を計画していた。だが、杭州からほど近い上海では感染症拡大を防ぐために都市封鎖が続けられており、大規模な競技会の実施が難しくなったとみられる。

アジア大会はアジア地域を対象にした総合競技大会。4年ごとに開催され、2026年には愛知県名古屋市で第20回大会が行われることが決まっている。

また、香港の新聞社「サウスチャイナ・モーニング・ポスト」は5日、6月30日から7月5日の日程で、中国・成都で開催されるワールドユニバーシティゲームズ(以下、ユニバ)が延期される見込みと報じた。同大会は当初、2021年に開催される予定だったが、コロナ禍で22年に順延されていおり、2度目の延期となる。

2年ごとに開催されるユニバは23年にロシア・エカテリンブルクでの開催が決まっていたが、ロシアのウクライナ侵攻の影響で、主催者の国際大学スポーツ連盟(FISU)が開催を認めないことを発表。成都大会が23年に移行して開催される可能性があるという。

o

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com