月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

世界陸上選考の日本選手権10000m 田澤廉、相澤晃、伊藤達彦、廣中璃梨佳、不破聖衣来らエントリー


日本陸連は4月21日、第106回日本選手権10000m(5月8日/東京・国立競技場)のエントリー選手を発表した。

この同選手権の終了時点で、オレゴン世界選手権の参加標準記録(男子27分28秒00、女子31分25秒00)を突破して同選手権3位以内に入った選手は世界選手権即内定となる。

男子にはすでに世界選手権の参加標準記録(27分28秒00)を突破している田澤廉(駒大)や、昨年の東京五輪代表の相澤晃(旭化成)、伊藤達彦(Honda)のほか、東京五輪5000m代表の松枝博輝(富士通)ら55名がエントリー。人数の関係上、2組のタイムレースで行われ、資格記録の上位30人(別にOP2人)が2組に入る。

女子は東京五輪10000m7位の廣中璃梨佳(日本郵政グループ)や不破聖衣来(拓大)、五島莉乃(資生堂)、小林成美(名城大)といった参加標準突破者のほか、東京五輪5000m代表の萩谷楓(エディオン)ら22名が登録された。東京五輪代表の新谷仁美(積水化学)、安藤友香(ワコール)は世界選手権とアジア大会のマラソン代表に選ばれているためエントリーしなかった。

オレゴン行きを懸けて男女ともに大混戦のレースが予想される。

■日本選手権10000m主なエントリー選手(◎は世界選手権参加標準記録突破者)
・男子
相澤  晃(旭化成)
伊藤 達彦(Honda)
田澤  廉(駒大)◎
清水 歓太(SUBARU)
太田 智樹(トヨタ自動車)
鎧坂 哲哉(旭化成)
松枝 博輝(富士通)
井上 大仁(三菱重工)
茂木圭次郎(旭化成)
荻久保寛也(ヤクルト)
村山 紘太(GMOインターネットグループ)
塩尻 和也(富士通)
・女子
不破聖衣来(拓大)◎
廣中璃梨佳(日本郵政グループ)◎
五島 莉乃(資生堂)◎
小林 成美(名城大)◎
岡本 春美(ヤマダホールディングス)
佐藤早也伽(積水化学)
佐藤 成葉(資生堂)
逸木和香菜(九電工)

o

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com