月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

オレゴン世界選手権のマラソンと同日に市民レースを開催 トップアスリートの足跡をたどるコース

今年7月に米国で開催されるオレゴン世界選手権の組織委員会は、大会期間中に「アシックス アップリフト オレゴン 5k」を実施すると発表した。

「アシックス アップリフト オレゴン 5k」は7月17日、男子マラソンのレース中に同時開催され、2000人のランナーがマラソンと同じコースの5キロ区間を走り、世界最高峰のマラソン選手の足跡をたどることができるという。また、ランナーたちには完走後に、ゴール付近でマラソンの観戦や飲食ができるブースが設置されるという。

アシックス・ノース・アメリカのリチャード・サリバン社長は「市民ランナーが世界選手権を体験する機会を提供したり、陸上ファンが参加できるイベントを開催できることをとても嬉しく思っています」とコメント。組織委員会も「大会を盛り上げるユニークな体験が実現できるでしょう」と話している。

レースへの参加はインターネットで受け付けており、参加費は50ドル。参加者にはTシャツやナンバーカードが送られる。

「アシックス アップリフト オレゴン 5k」申し込みサイト

o

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com