月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

三浦龍司1500m3分36秒59 日本歴代2位、日本人学生最高 遠藤日向も3分36秒69/金栗記念選抜


◇金栗記念選抜中長距離(4月9日・熊本)

男子1500m(タイムレース)は三浦龍司(順大)が日本歴代2位、日本人学生最高(学生歴代2位)の3分36秒59で制した。

レースは800mの元日本記録保持者・横田真人(TWOLAPS)がペースメーカーを務めるかたちで展開。400mを57秒、800mを1分55秒で通過した。

800mを過ぎてペースメーカーが離れた後、高校記録保持者の佐藤圭汰(駒大)が集団を牽引したが、遠藤日向(住友電工)が先頭を奪い、残り1周へ。1200mは2分55秒あたりで通過した。

そのまま、遠藤がリードしたが、残り100mを切って三浦が猛追。フィニッシュ直前に遠藤をかわして逆転した。これまでの日本人学生最高は1976年に石井隆士(日体大)がマークした3分38秒4。これを46年ぶりに更新した。

東京五輪では3000m障害で日本人五輪初入賞となる7位に入った三浦。「タイムを見て驚いた。シーズン初戦、良いスタートが切れてうれしい」と語った。

2位の遠藤も日本歴代3位の3分36秒69をマークした。

■男子1500m日本歴代10傑
3.35.42 河村一輝21年
3.36.59 三浦龍司NEW
3.36.69 遠藤日向NEW
3.37.05 荒井七海21年
3.37.18 佐藤圭汰21年
3.37.42 小林史和04年
3.37.90 戸田雅稀19年
3.37.99 坂東悠汰21年
3.38.11 渡邊和也08年
3.38.12 松枝博輝19年

o

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com