月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

女子走幅跳の秦澄美鈴が6m42で優勝! 川端魁人は46秒35で実力者に勝利/ブリスベン・クラシック


4月9日、豪州でブリスベン・クラシックが行われ、昨年の東京五輪日本代表ら有力選手が多く出場した。

女子走幅跳では3月の日本選手権室内に勝利し、今季好調の秦澄美鈴(シバタ工業)が6m42(+1.6)で優勝を飾った。秦は1回目に6m29(-1.8)をマークすると、ファウルを挟み3回目に6m40(±0)をジャンプ。4回目に優勝記録を跳ぶと、5回目以降も6m30以上と安定した跳躍を見せた。男子400mに出場した東京五輪4×400mリレー代表の川端魁人(中京大クラブ)は、残り100mから追い上げて46秒35でフィニッシュ。東京五輪男子400mに出場している実力者のA.ベック(豪州)を抑え、殊勲の勝利を手にした。

東京五輪代表では男子200m(-0.8)に飯塚翔太(ミズノ)と山下潤(ANA)が出場し、それぞれ21秒25(6位)、21秒69(9位)。男子走幅跳の津波響樹(大塚製薬)は7m72(+2.0)で3位に入った。

この他、男子110mハードルの石川周平(富士通)が13秒80(-0.4)、同走高跳で佐藤凌(タカトミ)が2m16、女子400mで松本奈菜子(東邦銀行)が53秒57でいずれも3位。男子走幅跳の小田大樹が7m63(+1.1)で6位だった。

o

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com