月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

新谷仁美が3月6日の東京マラソンに出場 トラックの第一人者が4回目のフルマラソン挑戦


積水化学は1月21日、所属する女子長距離の新谷仁美が3月6日の東京マラソンに出場することを発表した。新谷にとっては4回目のフルマラソンとなる。

五輪では10000mで2012年ロンドン大会、21年東京大会に出場し、世界選手権では13年モスクワ大会10000m5位を含め、過去3大会で代表となっている新谷。10000m(30分20秒44)やハーフマラソン(1時間6分38秒)で日本記録を打ち立てて、再びマラソンに挑戦する。

奇しくも初マラソンも東京だった。岡山・興譲館高を卒業して実業団1年目の2007年2月。エリートだけでなく市民も参加するかたちで初めて行われた東京マラソンに、当時18歳で出場して2時間31分01秒でいきなり優勝を果たした。

10代のうちからマラソンに参戦し、高校時代の実績(全国高校駅伝3年連続1区区間賞)などと合わせて注目されたが、2回目のマラソンとなった08年8月の北海道は2時間32分19秒で2位。3回目の09年3月の名古屋国際女子(現・名古屋ウィメンズ)では、2時間30分58秒の自己新をマークしたものの8位だった。その後の個人種目はトラックに専念。国際舞台で数多くの実績を作り、14年1月に一度現役から退いた。

マラソン挑戦は13年ぶりで、18年の現役復帰後としては初めて。かつてはマラソン再挑戦に消極的な姿勢を見せていた新谷が、現在どんな心境なのか。2月1日に積水化学の野口英盛監督や、指導を受けるTWOLAPS TCの横田真人代表とともにオンライン形式で会見を開く予定だ。

東京マラソンは7月のオレゴン世界選手権や9月の杭州アジア大会の代表選考会となっている。2時間28分00秒以内で日本人1~3位以内(日本人4~6位の場合は2時間27分00秒以内)に入れば、来年秋に予定されているパリ五輪の代表選考レース「マラソングランドチャンピオンシップ(MGC)」の出場権が得られる。

o

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com