月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

日本陸連が22年の国際大会選手選考要項を発表 3月にベオグラードで世界室内開催

日本陸連は12月7日、22年に開催される国際競技会の代表選手選考要項を発表した。

今回発表されたのは、2月のヌルスルタン・アジア室内選手権(カザフスタン)、3月のベオグラード世界室内選手権(セルビア)、同月のマスカット世界競歩チーム選手権(オマーン)の3大会。いずれも2024年パリ五輪を見据えながら強化戦略を立てて派遣するとしている。

世界室内選手権の出場枠は1種目最大2人。参加標準記録突破者が3人以上いた場合は22年3月発表のワールドランキングで優先順位を決める。世界室内については「パリオリンピックでメダル・入賞を期待される競技者、もしくは出場権獲得が有望な競技者を対象に、戦略的に派遣する」と編成方針に記されている。また、アジア室内選手権は「ワールドランキングおけるポイント獲得において重要な競技会」と位置づけている。

世界チーム競歩の代表は2019年ドーハ世界選手権から今夏の東京五輪までの主要大会が選考競技会の対象に。男女の20kmとオレゴン世界選手権から採用される35kmが行われ、各種目上限5人(うち3人がチーム成績の対象)がエントリー。2018年には今夏の東京五輪20kmで銀メダルに輝いた池田向希(富士通、当時・東洋大)が金メダルを獲得している。

日本陸連・代表選手選考要項

o

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com