HOME ニュース、国内

2021.12.07

日本陸連が22年の国際大会選手選考要項を発表 3月にベオグラードで世界室内開催
日本陸連が22年の国際大会選手選考要項を発表 3月にベオグラードで世界室内開催

日本陸連は12月7日、22年に開催される国際競技会の代表選手選考要項を発表した。

今回発表されたのは、2月のヌルスルタン・アジア室内選手権(カザフスタン)、3月のベオグラード世界室内選手権(セルビア)、同月のマスカット世界競歩チーム選手権(オマーン)の3大会。いずれも2024年パリ五輪を見据えながら強化戦略を立てて派遣するとしている。

世界室内選手権の出場枠は1種目最大2人。参加標準記録突破者が3人以上いた場合は22年3月発表のワールドランキングで優先順位を決める。世界室内については「パリオリンピックでメダル・入賞を期待される競技者、もしくは出場権獲得が有望な競技者を対象に、戦略的に派遣する」と編成方針に記されている。また、アジア室内選手権は「ワールドランキングおけるポイント獲得において重要な競技会」と位置づけている。

世界チーム競歩の代表は2019年ドーハ世界選手権から今夏の東京五輪までの主要大会が選考競技会の対象に。男女の20kmとオレゴン世界選手権から採用される35kmが行われ、各種目上限5人(うち3人がチーム成績の対象)がエントリー。2018年には今夏の東京五輪20kmで銀メダルに輝いた池田向希(富士通、当時・東洋大)が金メダルを獲得している。

日本陸連・代表選手選考要項

日本陸連は12月7日、22年に開催される国際競技会の代表選手選考要項を発表した。 今回発表されたのは、2月のヌルスルタン・アジア室内選手権(カザフスタン)、3月のベオグラード世界室内選手権(セルビア)、同月のマスカット世界競歩チーム選手権(オマーン)の3大会。いずれも2024年パリ五輪を見据えながら強化戦略を立てて派遣するとしている。 世界室内選手権の出場枠は1種目最大2人。参加標準記録突破者が3人以上いた場合は22年3月発表のワールドランキングで優先順位を決める。世界室内については「パリオリンピックでメダル・入賞を期待される競技者、もしくは出場権獲得が有望な競技者を対象に、戦略的に派遣する」と編成方針に記されている。また、アジア室内選手権は「ワールドランキングおけるポイント獲得において重要な競技会」と位置づけている。 世界チーム競歩の代表は2019年ドーハ世界選手権から今夏の東京五輪までの主要大会が選考競技会の対象に。男女の20kmとオレゴン世界選手権から採用される35kmが行われ、各種目上限5人(うち3人がチーム成績の対象)がエントリー。2018年には今夏の東京五輪20kmで銀メダルに輝いた池田向希(富士通、当時・東洋大)が金メダルを獲得している。 日本陸連・代表選手選考要項

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.07.14

400m中島佑気ジョセフ 初五輪でファイナルへ「日本記録更新が必要になる」マイルリレーメダルへも意欲

男子400mでパリ五輪代表に内定した中島佑気ジョセフ(富士通)が都内で会見を開き、パリ五輪に向けた意気込みを語った。 日本選手権を連覇した中島。パリ五輪の参加標準記録(45秒00)はクリアできなかったが、ワールドランキン […]

NEWS パリ五輪4継Vへ 土江寛裕ディレクター「どのメンバーでも金メダル狙える」

2024.07.14

パリ五輪4継Vへ 土江寛裕ディレクター「どのメンバーでも金メダル狙える」

日本陸連は7月12日、パリ五輪の男子4×100mリレーの練習を公開した。 今回参加したのは100mで代表入りした坂井隆一郎(大阪ガス)、東田旺洋(関彰商事)、200m代表の鵜澤飛羽(筑波大)、上山紘輝(住友電工)、飯塚翔 […]

NEWS 4×100mRパリ五輪で悲願の金へ!桐生祥秀「もう一回メダル取りたい」栁田「2走は僕の区間」

2024.07.14

4×100mRパリ五輪で悲願の金へ!桐生祥秀「もう一回メダル取りたい」栁田「2走は僕の区間」

日本陸連は7月12日、パリ五輪の男子4×100mリレーの練習を公開した。 今回参加したのは100mで代表入りした坂井隆一郎(大阪ガス)、東田旺洋(関彰商事)、200m代表の鵜澤飛羽(筑波大)、上山紘輝(住友電工)、飯塚翔 […]

NEWS 東大阪大敬愛高が4×800mRで日本新!日本選手権Vの久保凛 2分01秒台の激走に「自信になります」

2024.07.13

東大阪大敬愛高が4×800mRで日本新!日本選手権Vの久保凛 2分01秒台の激走に「自信になります」

7月13日、東大阪市第2回OV30陸上競技記録会が東大阪市のトライスタジアム(花園中央公園多目的競技場)で行われ、女子4×800mリレーに東大阪大敬愛高(大阪)の2チームが出場。北村凜(3年)、朝野流南(2年)、田村実彩 […]

NEWS 五輪代表・樺沢和佳奈 3000m8分53秒99の自己新! 後藤夢も8分台 男子3000mは中野翔太がトップ/ホクレンDC士別

2024.07.13

五輪代表・樺沢和佳奈 3000m8分53秒99の自己新! 後藤夢も8分台 男子3000mは中野翔太がトップ/ホクレンDC士別

ホクレン・ディスタンスチャレンジ2024第3戦の士別大会が7月13日に行われ、女子3000mAではパリ五輪5000m代表の樺沢和佳奈(三井住友海上)が8分53秒99の自己新をマークした。 6月末の日本選手権以来のレースと […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年8月号 (7月12日発売)

2024年8月号 (7月12日発売)

W別冊付録
パリ五輪観戦ガイド&福岡インターハイ完全ガイド

page top