月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

延期のワールドユニバーシティゲームズ選考要項決定 選考会は来年3月と4月に実施


日本学生陸上競技連合は12月6日、来年夏に延期されたFISUワールドユニバーシティゲームズ(中国・成都、2022年6月26日~7月7日/陸上競技会期・6月30日~7月5日)の日本代表選考要項を発表した。来年3月と4月に選考競技会が開催される。

選考競技会は、ハーフマラソン男子が3月13日の日本学生ハーフマラソン選手権大会(東京・立川)、同種目の女子は3月20日の日本学生女子ハーフマラソン選手権大会(島根・松江)。また、競歩(男女ともに20km)については、3月20日の日本学生20km競歩選手権(石川・能美)となる。

それ以外の種目の選考競技会は、例年より2ヵ月早く開催される4月15日~17日の日本学生個人選手権(神奈川・平塚)。学部卒1年目、大学院修了1年目の卒業生も出場可能(個人選手権の順位は除外)で、例年行われていない10000mや混成競技も実施される。

成都でのワールドユニバーシティゲームズは当初、今年夏に開催される予定だったが、コロナ禍で4月上旬に延期が発表された。日本では3月の日本学生ハーフで上位に入った男女各3名が代表に内定していたが、大会延期を受けて内定が解除された。

 

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com