月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

「世界最速の男」ジェイコブスが2月の室内競技会でシーズンイン東京五輪以来のレースに


東京五輪男子100m金メダルのL.M.ジェイコブス(イタリア)が2月4日にドイツ・ベルリンで開催される室内競技会に出場予定であることがわかった。BBCが報じている。ジェイコブスは東京五輪男子4×100mリレー(2走、イタリアは金メダル獲得)以来レースに出場しておらず、約半年ぶりのレースとなる見込みだ。五輪後はケガの予防を目的に休みをとっていたとジェイコブスのマネージャーは話している。

そのほか東京五輪女子銀メダルのL.ミュアー(英国)が2月5日のグラスゴー(英国)に出場予定。世界陸連室内ツアーゴールドラベルの大会の出場者も続々判明しており、1月28日のカールスルーエ(ドイツ)大会に男子棒高跳世界記録保持者のA.デュプランティス(スウェーデン)の参戦が発表されている。

1月29日ニューヨーク(米国)で行われるミルローズゲームでは女子800mの東京五輪金メダルのA.ムー(米国)が登場するほか、男子砲丸投では世界記録保持者のR.クルーザー(米国)と19年ドーハ世界選手権金メダルのJ.コバックス(米国)が激突が見られる予定だ。

o

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com