HOME ニュース、国内、海外
ドーハ世界選手権DAY2結果&DAY3日程 50km競歩鈴木が金
ドーハ世界選手権DAY2結果&DAY3日程 50km競歩鈴木が金

男子50km競歩金メダルの鈴木雄介

【月陸NEWS】
ドーハ世界選手権DAY2結果&DAY3日程
男子50km競歩で鈴木雄介が史上初の金メダル
男子走幅跳の橋岡が8位入賞100mと400mHは惜しくも準決勝敗退

男子50km競歩で史上初の金メダルを獲得した鈴木雄介

広告の下にコンテンツが続きます

TBS放送予定
日本陸連特設サイト
競技日程
IAAF世界選手権ページ
国別エントリー
ライブリザルト
 熱戦が続くドーハ世界選手権。2日目の最終種目、現地時間深夜に行われた男子50km競歩で、鈴木雄介(富士通)が、競歩史上初となる世界大会金メダルを獲得。世界選手権での金メダルは11年テグ大会での男子ハンマー投・室伏広治(当時ミズノ)以来5人目のこと。

 また、男子走幅跳では、橋岡優輝(日大)がこちらも史上初の入賞となる8位と勝負強さを発揮した。決勝進出の期待が寄せられた男子100mの3選手と、400mハードルの安部孝駿(ヤマダ電機)は惜しくも準決勝で敗退となった。

DAY2 日本人結果

男子100m準決勝
サニブラウン・アブデル・ハキーム(フロリダ大)1組5着 10秒15(-0.3)敗退
小池祐貴(住友電工)2組7着 10秒28(-0.1)敗退
桐生祥秀(日本生命)3組6着 10秒16(+0.8)敗退

男子400mH準決勝
豊田将樹(法大)2組8着 50秒30 敗退
安部孝駿(ヤマダ電機)3組3着 48秒97 敗退

広告の下にコンテンツが続きます

男子400mHの安部孝駿

男子棒高跳 予選
澤野大地(富士通)A組13位 5m45 敗退
江島雅紀(日大) A組14位 5m45 敗退
山本聖途(トヨタ自動車) B組12位 5m60 敗退

男子棒高跳の澤野大地

男子棒高跳の江島雅紀

広告の下にコンテンツが続きます

男子棒高跳の山本聖途

男子走幅跳 決勝
橋岡優輝(日大) 8位 7m97(-0.2)
城山正太郎(ゼンリン) 11位 7m77(+0.2)

男子走幅跳で8位入賞の橋岡優輝

男子50km競歩 決勝
鈴木雄介(富士通) 優勝 4時間04分20秒
勝木隼人(自衛隊体育学校) 27位 4時間46分10秒
野田明宏(自衛隊体育学校) 途中棄権

広告の下にコンテンツが続きます

男子50km競歩金メダルの鈴木雄介

女子10000m決勝
新谷仁美(NIKE TOKYO TC) 11位 31分12秒99
山ノ内みなみ(京セラ) 19位 32分53秒46

女子50km競歩 決勝
渕瀬真寿美(建装工業) 11位 4時間41分02秒

男女混合4×400mリレー予選
日本(青山,若林,田村,髙島) 2組8着 3分18秒77=日本最高

広告の下にコンテンツが続きます

混合4×400mR田村から髙島へのバトンパス

DAY3(9月29日)競技日程と日本人出場予定

(※日本時間 0時以降は当日深夜)
2:05 男子200m 予選
      2組 小池祐貴(住友電工)
      5組 山下 潤(筑波大)
      6組 白石黄良々(セレスポ)
2:40 女子棒高跳 決勝
3:20 女子100m 準決勝
3:45 男子三段跳 決勝
3:55 男子800m 準決勝
4:35 混合4×400mR 決勝
5:20 女子100m 決勝
5:30 女子20kmW 決勝
      岡田久美子(ビックカメラ)、藤井菜々子(エディオン)

写真/SHOT

【月陸NEWS】 ドーハ世界選手権DAY2結果&DAY3日程 男子50km競歩で鈴木雄介が史上初の金メダル 男子走幅跳の橋岡が8位入賞100mと400mHは惜しくも準決勝敗退 [caption id="attachment_4704" align="aligncenter" width="300"] 男子50km競歩で史上初の金メダルを獲得した鈴木雄介[/caption] TBS放送予定 日本陸連特設サイト 競技日程 IAAF世界選手権ページ 国別エントリー ライブリザルト  熱戦が続くドーハ世界選手権。2日目の最終種目、現地時間深夜に行われた男子50km競歩で、鈴木雄介(富士通)が、競歩史上初となる世界大会金メダルを獲得。世界選手権での金メダルは11年テグ大会での男子ハンマー投・室伏広治(当時ミズノ)以来5人目のこと。  また、男子走幅跳では、橋岡優輝(日大)がこちらも史上初の入賞となる8位と勝負強さを発揮した。決勝進出の期待が寄せられた男子100mの3選手と、400mハードルの安部孝駿(ヤマダ電機)は惜しくも準決勝で敗退となった。

DAY2 日本人結果

男子100m準決勝 サニブラウン・アブデル・ハキーム(フロリダ大)1組5着 10秒15(-0.3)敗退 小池祐貴(住友電工)2組7着 10秒28(-0.1)敗退 桐生祥秀(日本生命)3組6着 10秒16(+0.8)敗退 男子400mH準決勝 豊田将樹(法大)2組8着 50秒30 敗退 安部孝駿(ヤマダ電機)3組3着 48秒97 敗退 [caption id="attachment_4707" align="aligncenter" width="200"] 男子400mHの安部孝駿[/caption] 男子棒高跳 予選 澤野大地(富士通)A組13位 5m45 敗退 江島雅紀(日大) A組14位 5m45 敗退 山本聖途(トヨタ自動車) B組12位 5m60 敗退 [caption id="attachment_4705" align="aligncenter" width="300"] 男子棒高跳の澤野大地[/caption] [caption id="attachment_4706" align="aligncenter" width="200"] 男子棒高跳の江島雅紀[/caption] [caption id="attachment_4708" align="aligncenter" width="200"] 男子棒高跳の山本聖途[/caption] 男子走幅跳 決勝 橋岡優輝(日大) 8位 7m97(-0.2) 城山正太郎(ゼンリン) 11位 7m77(+0.2) [caption id="attachment_4711" align="aligncenter" width="300"] 男子走幅跳で8位入賞の橋岡優輝[/caption] 男子50km競歩 決勝 鈴木雄介(富士通) 優勝 4時間04分20秒 勝木隼人(自衛隊体育学校) 27位 4時間46分10秒 野田明宏(自衛隊体育学校) 途中棄権 [caption id="attachment_4703" align="aligncenter" width="300"] 男子50km競歩金メダルの鈴木雄介[/caption] 女子10000m決勝 新谷仁美(NIKE TOKYO TC) 11位 31分12秒99 山ノ内みなみ(京セラ) 19位 32分53秒46 女子50km競歩 決勝 渕瀬真寿美(建装工業) 11位 4時間41分02秒 男女混合4×400mリレー予選 日本(青山,若林,田村,髙島) 2組8着 3分18秒77=日本最高 [caption id="attachment_4709" align="aligncenter" width="200"] 混合4×400mR田村から髙島へのバトンパス[/caption]

DAY3(9月29日)競技日程と日本人出場予定

(※日本時間 0時以降は当日深夜) 2:05 男子200m 予選       2組 小池祐貴(住友電工)       5組 山下 潤(筑波大)       6組 白石黄良々(セレスポ) 2:40 女子棒高跳 決勝 3:20 女子100m 準決勝 3:45 男子三段跳 決勝 3:55 男子800m 準決勝 4:35 混合4×400mR 決勝 5:20 女子100m 決勝 5:30 女子20kmW 決勝       岡田久美子(ビックカメラ)、藤井菜々子(エディオン) 写真/SHOT

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.04.22

JMCシリーズの順位修正 山下一貴が4位へ、西山、大迫の順位が下がる ブダペスト世界陸上9位のドーピング違反により

日本陸連はジャパンマラソンチャンピオンシップ(JMC)シリーズⅢ(22年4月~24年3月)の順位に修正があったことを発表した。 昨年のブダペスト世界選手権で9位に入ったジョン・ハキジマナ(ルワンダ)のドーピング違反が11 […]

NEWS ブダペスト世界陸上マラソン9位のハキジマナがドーピング違反失格により、山下一貴、其田健也、西山和弥の順位がアップ

2024.04.22

ブダペスト世界陸上マラソン9位のハキジマナがドーピング違反失格により、山下一貴、其田健也、西山和弥の順位がアップ

昨年11月30日にアスリート・インテグリティー・ユニット(AIU、世界陸連の独立不正監査機関)が、男子マラソンでルワンダ記録を持つジョン・ハキジマナのドーピング違反(禁止物質:トリアムシノロンアセトニド陽性)により23年 […]

NEWS マラソンリレーはF.フォルトゥナート、V.トラプレッティのイタリア2が優勝/世界競歩チーム選手権

2024.04.22

マラソンリレーはF.フォルトゥナート、V.トラプレッティのイタリア2が優勝/世界競歩チーム選手権

◇第30回世界競歩チーム選手権(4月21日/トルコ・アンタルヤ) 世界競歩チーム選手権が開催され、新種目のマラソンリレーはイタリア2(F.フォルトゥナート、V.トラプレッティ)が2時間56分45秒で優勝した。 広告の下に […]

NEWS 堀尾謙介がM&Aベストパートナーズと所属契約 1月に九電工を退部しプロランナーに

2024.04.22

堀尾謙介がM&Aベストパートナーズと所属契約 1月に九電工を退部しプロランナーに

M&Aベストパートナーズは、堀尾謙介と所属契約を交わしたことを発表した。 東京五輪、パリ五輪の代表選考会マラソングランドチャンピオンシップ(MGC)に出場している堀尾。兵庫・須磨学園高出身で、中大時代には主力として活躍し […]

NEWS 17歳ミラーが100m9秒97!! 自己記録を一気に0.13秒更新!ブロメルのU20米国記録を破る

2024.04.22

17歳ミラーが100m9秒97!! 自己記録を一気に0.13秒更新!ブロメルのU20米国記録を破る

4月20日に米国で開催されたPURE招待で、17歳のC.ミラー(米国)が9秒93(+1.6)の今季世界最高、U20米国新、U20歴代3位の好記録で優勝した。従来の米国記録は、のちに世界選手権で銅メダルを獲得するT.ブロメ […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年5月号 (4月12日発売)

2024年5月号 (4月12日発売)

パリ五輪イヤー開幕!

page top