月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

東日本実業団駅伝のエントリー発表 全日本王者・富士通は五輪代表の中村匠吾が登録外 Hondaは伊藤達彦ら順当入り

全日本実業団対抗駅伝(1月1日)の出場権を懸けて11月3日に行われる東日本実業団駅伝のエントリーメンバーが発表され、全日本王者の富士通は鈴木健吾、塩尻和也、浦野雄平らVメンバーが入った一方で、東京五輪マラソン代表の中村匠吾が登録から外れた。

前回大会で富士通と優勝争いを繰り広げたGMOアスリーツは主軸選手の吉田祐也、一色恭志、下田裕太らのほか、新加入の村山紘太がエントリー。全日本5位のHondaは同3区を務めた中山顕が外れたものの、オリンピアンの伊藤達彦、マラソン元日本記録保持者の設楽悠太、9月の全日本実業団選手権10000mで日本人トップだった小山直城、学生駅伝で活躍したルーキーの川瀬翔矢、小袖英人らがメンバー入りした。

出場選手の区間最終エントリーは11月1日正午までに事務局まで提出され、選手変更は前日の監督会議時、もしくは審判長に届け出て許可が得られた場合のみ当日に認められる。

エントリーしたのは前回と同じ24チームで、上位12チームに全日本大会への出場資格が与えられる。レースは11月3日午前8時00分スタート。

■東日本実業団駅伝
2021年11月3日(水・祝)
熊谷スポーツ文化公園競技場および公園内特設周回コース 7区間76.4km

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com