月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

青山が200m23秒91で女子短距離2冠 男子総合は立命大が3年ぶり、女子は園田学年女大が初V/関西インカレ

◇第98回関西学生陸上競技対抗選手権大会(大阪・ヤンマーフィールド長居)

関西インカレ最終日の10月22日に行われた女子200mは、青山華依(甲南大)が23秒91(+0.7)で優勝。2日前の100m(11秒45/+3.4)と合わせて2冠に輝き、1年生ながら東京五輪代表としての実力を示した。

「前半からしっかりとスピードに乗って突っ込めた」という青山。コーナーをトップで抜けると、直線に入ってからも「伸びやかに走れた」。今大会6本目ながら、9月の関西学生新人でマークした自己ベスト(23秒93/±0)を0.02秒更新してみせた。それでも、「23秒9は切りたいと思っていた。風も良かったので、ちょっと残念」と反省を口にする。

「長い距離を走ることでスピードも上げることができる」と、100mと200mの両種目に取り組むことを大切にしてきた。200mについては体力面を課題に挙げ、「もっと前半から突っ込んでいって、後半ももっと上げられるように」というイメージをふくらませる。

「狙っていた」という女子MVPも獲得。『東京五輪代表』という肩書に「大会が終わってからずっとプレッシャーを感じています」と言うが、「それに負けないように気持ちを作っていきたい。関西インカレでも2種目で4連覇を目指していきたい」と力強く語った。

学校対抗では男子1部は立命大が3年ぶりの優勝。男子走幅跳で8mジャンパーの吉田弘道が昨年に自身が作った大会記録(7m84)をさらに更新する7m92(+0.1)をマーク、男子十種競技を日本インカレ覇者・川元莉々輝が7016点、男子5000mを山田真生が14分07秒59で制したほか、各種目で着実に得点を重ねた。吉田は男子MVPにも選出された。

男子2部は中長距離種目で大量得点を稼いだびわこ学院大が初めて制し、大経大が2位。男子1部の下位3校(龍谷大、阪大、大阪市大)と入れ替わって1部に昇格する。びわこ学院大は来年度、初めて1部の舞台に立つ。

女子は園田学園女大が、2009年の創部で初の総合優勝。最終種目の4×400mリレーも初優勝を果たした。有終の美を飾った。

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com