月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

廣中璃梨佳5000mで初優勝!10000mとともに東京五輪代表内定 2位新谷も五輪代表内定、田中は800m1500m5000m完走/日本選手権


◇日本選手権(6月24日~27日/大阪・ヤンマースタジアム長居)

東京五輪代表選考会となる第105回日本選手権の4日目。女子5000mが行われ、廣中璃梨佳(日本郵政グループ)が15分05秒69で初優勝し、参加標準記録を突破しているため東京五輪代表に内定した。廣中は10000mでも代表を決めている。また、15分13秒73で2位の新谷仁美(積水化学)も10000mに続いて五輪代表内定。3位には5000mで代表を決めている田中希実(豊田自動織機TC)が15分18秒25で入った。

廣中は「今日は3000mまでは良い流れで、その後は自分のペースでいった。なかなかラスト2000m硬くなってしまって切り替えの部分でスパートがかけられず悔しいです」と振り返る。オリンピックに向けて「まずは10000mのスタミナ面でラスト勝負できるように。5000mではスタミナをつなげながらラストのスピードを1ヵ月で準備して故障なく、笑顔でスタートラインにたちたい」と意気込みを語った。

新谷は「身体的には棄権する理由はまったくなかったですが、棄権しようと思うくらい怖かったですが、完走できてよかった」と精神的に追い詰められていたこと明かした。

田中は今大会、「記録ではない強さ」を求めて3種目にエントリー。1500m優勝、800m3位、5000m3位と4日間ハイレベルで完走した。



月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com