月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

田母神一喜が800mで初出場初V!日本歴代8位1分46秒68「次は横田さんの記録を」高校では相澤晃、遠藤日向とチームメイト/日本選手権


◇日本選手権(6月24日~27日/大阪・ヤンマースタジアム長居)

東京五輪代表選考会となる第105回日本選手権の最終日。男子800m決勝が行われ、田母神一喜(阿見AC)が日本歴代8位となる1分46秒68で初優勝を飾った。

レースは優勝候補の一角だった源裕貴(環太平洋大)が1周目52秒で通過。「それは想定していた」という田母神は、冷静に対応して、「自分の持ち味」と語るラストスパートで勝負をつけた。

位置づけとしては「1500mのために800mのスピードを磨いてきた」というが、その結果タイムが伸びてきたことで「今年は800mで勝負しよう」と日本選手権に調整してきた。

田母神は福島・学法石川高、中大卒。高3時のインターハイは1500m優勝、800m2位と世代トップランナー。800m前日本記録保持者で現在はTWOLAPS TCの横田真人コーチに師事。今季は800mで1分47秒68と3年ぶりに自己ベストを更新していた。

10000m日本記録保持者で東京五輪代表の相澤晃(旭化成)とは高校の同級生。さらに5000mを勝った高校の後輩・遠藤日向(住友電工)に大きな刺激を受けた。「相澤は高校3年間クラスメイトですし、遠藤は中学から同じで仲良し。ずっとトップランナー。遠藤のようになりたいと思ってやってきた。初優勝で続けてよかった」。

今後は「1500mで勝負するためにも800mでタイムを伸ばしたい。横田さんの記録(1分46秒16を破れるように」と、さらなる中距離界を担う一人としてさらに成長していくつもりだ。

2位の金子魅玖人(中大)が1分46秒86。日本歴代10位、学生歴代5位の好記録だった。

直後の女子800mでは、田母神と同じ横田コーチに指導を受ける卜部蘭(積水化学)が2分03秒71で優勝し、チーム「TWOLAPS」で800mのタイトルを獲得した。



月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com