月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

ホロウェイ12秒81、ベンジャミン46秒83、トーマス21秒61、プライス80m31!4種目で世界歴代2位!/全米五輪選考会


◇全米五輪選考会(6月18日~27日/米国・オレゴン州ユージン)

東京五輪代表選考会となる全米五輪選考会9日目の6月26日、10種目で決勝が行われ、男子の110mハードル、400mハードル、女子の200m、ハンマー投でいずれも世界歴代2位の好記録が生まれた。

男子110mハードル準決勝では、2019年世界選手権金メダリストのG.ホロウェイが世界記録(12秒80/A.メリット、2012年)にわずか0.01秒に迫る世界歴代2位の12秒81(+1.8)をマーク。自己ベストを2年ぶりに0.17秒更新した。約2時間後に行われた決勝は12秒96(+0.4)で制し、初の五輪代表となった。

男子400mハードルは、ドーハ世界選手権銀メダリスト・R.ベンジャミンが46秒83で優勝して初の五輪代表。自己ベストを2年ぶりに0.15秒塗り替えた。世界記録はK.ヤング(米国)が1992年にマークした46秒78。

女子200mは24歳のG.トーマスが21秒61(+1.3)で快勝。大会前の自己記録は3月下旬に出した22秒17だったが、今大会で予選21秒98(+0.7)、準決勝21秒94(+1.8)と自己新を連発し、決勝ではF.グリフィス・ジョイナー(米国)が1988年にマークした世界記録21秒34に次ぐ好記録を叩き出した。なお、上位4位までが21秒台。400mで5大会連続の五輪代表を決めたベテランのA.フェリックスは22秒11で5位に終わり、この種目での代表入りはならなかった。

女子ハンマー投は、D.プライスが女子選手2人目の80mオーバーとなる80m31を放って制し、8位に入った前回のリオ大会に続く五輪代表を決めた。4月に世界歴代3位の78m60を放っていたプライスは、この大会の3投目で歴代2位の79m98を放ち、5投目で80mの大台を突破した。世界記録はA.ヴォダルチク(ポーランド)が2016年にマークした82m98。

この他、女子棒高跳では30歳のK.ナジョットが自己記録を2cm更新する世界歴代3位タイの4m95を成功して頂点に立った。



月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com