月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

日本選手権最終日に急きょ女子4×400mR実施!最強カルテットで東京五輪出場へ本当のラストチャレンジ!


日本選手権最終日(6月27日)の18時15分から、東京五輪出場権獲得を目指して急きょ女子4×400mリレーが行われることになった。これがラストチャレンジとなる。

同種目の東京五輪出場チーム数は16。現在、ワールドランキングで19位の日本は、対象期限日の6月29日を前に出場圏内の16位まで順位を上げるため、日本選手権初日の6月24日に同種目を組み込んだ。16位以内に入るためには、最低でも3分29秒42が必要だったが、結果は3分32秒17に終わった。

だが、日本陸連は望みを懸けて、日本選手権のトラック種目がすべて終了した後に再びマイルリレーを実施することを決めた。

日本は25日の女子400mで入賞した上位4人を登録。日本歴代4位の52秒86で優勝した小林茉由(J.VIC)、53秒35で2位の松本奈菜子(東邦銀行)、53秒42で3位の青山聖佳(大阪成蹊AC)、53秒72で4位の久保山晴菜(今村病院)と、現時点では日本最強のカルテットだ。ターゲットタイムは24日同様、3分29秒42以内。日本記録(3分28秒91)に次ぐ、歴代2位相当の記録が必要だ。

レースの模様は日本陸連からライブ配信される。

地元五輪を目指して日本女子4×400mRチームの最後の戦いに目が離せない。



月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com