月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

男子200m予選でナイトンがまたもU18世界最高記録を更新する20秒04!女子の3000mSCと砲丸投で大会新/全米五輪選考会


◇全米五輪選考会(6月18日~27日/米国・オレゴン州ユージン)

東京五輪代表選考会となる全米五輪選考会の8日目の6月25日、男子200m予選が行われ、17歳のエリヨン・ナイトンが20秒04(-0.2)をマーク。自身の持つU18世界最高記録を0.07秒更新して、全体のトップのタイムで26日の準決勝に駒を進めた。

2004年1月生まれのナイトンは、5月31日に20秒11をマーク。U.ボルト(ジャマイカ)が持っていた20秒13のU18世界最高記録を更新していた。

全米五輪選考会は22、23日の休みを挟んで24日から再開。24日の女子3000m障害ではリオ五輪銅メダリストで、17年ロンドン世界選手権金メダリストのE.コバーンが大会新の9分09秒41で優勝。同じ日に行われた女子砲丸投はJ.ラムジーが自己記録を89cm更新する20m12の大会新を放って制した。



月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com