月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

日本選手権初日のスタートリスト発表!100m予選は山縣1組2レーン、サニブラウン6組2レーン、桐生7組6レーン


東京五輪代表選考を兼ねた第105回日本選手権(大阪・ヤンマースタジアム長居)が明日6月24日から開幕するのを前に6月23日、大注目の男子100mを含む大会初日(24日)のスタートリストが発表された。

男子100m予選は15時40分に始まり、日本記録(9秒95)保持者の山縣亮太(セイコー)は1組2レーンに入った。歴代2位の9秒97を持つサニブラウン・アブデル・ハキーム(タンブルウィードTC)が6組2レーン、歴代3位タイの9秒98を持つ桐生祥秀(日本生命)は7組6レーン、同じく9秒98が自己ベストの小池祐貴(住友電工)は3組6レーンとなった。

今季10秒01の自己ベストをマークして好調の多田修平(住友電工)は2組4レーン、リオ五輪に続く代表入りを目指すケンブリッジ飛鳥(Nike)は5組7レーンと注目選手はそれぞれ、別の組で予選を走る。

この他、前回大会で高2ながら7位に食い込んだ栁田大輝(東農大二高3群馬)はサニブラウンと同じ6組の4レーン。5月の関東インカレ1部を制した鈴木涼太(城西大)は3組4レーンに入り、小池と同じ組。6月に10秒18をマークした東田旺洋(栃木県スポ協)は5組3レーンとなった。

各組3着以内と4着以下記録上位3名が、同日19時32分から行われる準決勝に進む。決勝は翌25日20時30分。



月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com