月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

やり投は小南拓人が82m43でV!ディーンとの80m対決制し五輪へ前進/木南記念


◇木南記念(6月1日/大阪・ヤンマースタジアム長居)

サトウ食品日本グランプリシリーズの木南記念、男子やり投は小南拓人(染めQ)が82m43を投げて優勝した。

今季は絶好調。4月29日の織田記念で82m52の日本歴代4位をマーク。5月9日の東京五輪テストイベントでも80m98を放って優勝していた。東日本実業団を挟んだ今大会では4回目に自己記録に迫る82m43。3回目に81m06を投げたディーン元気(ミズノ)を逆転して優勝を飾った。「優勝できてうれしいのと、80mを超えた戦いでディーンさんに勝てたのは自信になります」と語る。

18年に80mを初めて超え、昨年まで毎年80m以上は投げていたものの、どちらかと言えば“一発”のイメージが強かった。だが、今季は3試合で80mオーバー。「これまでは力みが強すぎたのですが、今季は力をコントロールすることができています」と小南は好調の要因を語る。

「コントロール」というのは助走、そして投げの局面にも当てはまるそうで、これまでは思いっ切り走ったり、投げの瞬間に「力を込めようとし過ぎている」といったりというクセがあった。また、トレーニングでも「試合と試合の間隔が短い時に勇気を持って休むようにした」とメリハリをつけられるようになったという。

東京五輪の参加標準記録85m00は「漠然としていた」と正直な心境を明かすが、ワールドランキングでは大会前までの段階で29番目となり、ターゲットナンバー32に入っている。「現実的にはポイントを稼げているので、来週のデンカチャレンジ、日本選手権で同じような結果を出してターゲットナンバーで入りたい」と明確になってきた東京五輪の道筋を見据えている。

北海道・札幌一高まで野球に取り組み、甲子園を目指す球児だった。だが、網膜色素変性症という視機能が低下する病気を発症。連係プレーなどもある野球選手としての道をあきらめ、マネージャーとして選手を支える側にも回った。だが、その肩の強さなどを買われて陸上部から熱烈な勧誘を受け、高2からやり投をスタート。3年時にはインターハイで優勝した。国士大でメキメキと力をつけた元野球少年は、やり投で東京五輪に近づこうとしている。

「まだ出場を決められていませんが、高校の顧問の先生や今も応援してくれる仲間、たくさんの応援をしてもらってきました。いい報告ができればいいなと思います」

6月の残り2戦で、東京五輪切符を確かなものにするつもりだ。



月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com