月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

男子円盤投・幸長慎一が60m69の日本歴代3位&学生新記録/徳島県チャレンジ記録会


5月29日に行われた第2回徳島県チャレンジ記録会男子円盤投で、大学院2年生の幸長慎一(四国大)が日本歴代3位となる60m69をスロー。自身初の60mオーバーとなっただけでなく、堤雄司(国士大/現・ALSOK群馬)が持つ日本学生記録(59m21)を8年ぶりに更新した。

中学時代から円盤投で活躍している幸長は、昨年の日本選手権で3位。同時に取り組んでいる砲丸投では初優勝を飾っている。1週間前の5月22日には円盤投で2年ぶりの自己新となる58m09をマークするなど調子を上げていた。日本人として5人目の60mスロワーとなった幸長は自身のSNSで「この試合がなかったらこの記録出なかった。感謝の気持ちでいっぱいです」とコメントした。

●円盤投 日本歴代5傑
62.59 堤  雄司(ALSOK群馬) 2020. 3.27
62.16 湯上 剛輝(トヨタ自動車)  2018. 6.24
60.69 幸長 慎一(四国大M2)   2021. 5.29
60.22 川崎 清貴(大昭和製紙)   1979. 4.22
60.10 畑山 茂雄(ゼンリン)    2007. 6. 3
●円盤投 学生歴代5傑
60.69 幸長 慎一(四国大M2)   2021. 5.29
59.21 堤  雄司(国士大M2)   2013. 9. 8
57.83 米沢茂友樹(東海大M2)   2016. 5. 4
56.40 安藤  夢(東海大4)    2018. 7. 1
56.35 小林 志郎(国士大M1)   2006. 5.21



月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com